おこめができた!&おすしのさかな

おこめができた!&おすしのさかな
おこめができた!&おすしのさかな

お米ってどうやってできるの?いちばん身近な食べ物、お米ができるまでを、美しい写真で伝えます。春の田んぼに植えられた、緑色の小さな稲。太陽の光を浴びて、人の手を借りて、すくすく生長していきます。そして、秋には…楽しく知るうちに、食べ物への感謝の心が生まれる絵本。幼児~小学校低学年向き。

二冊まとめて紹介

他のシリーズ作品についても読んでいるのですが、時々衝撃を受けるシリーズですよね。でも、読んだ作品、全てを記事にしていません。直近だと『みかん・かたつむり・干し柿』は記事にしないですかね。面白いのですが、書く事があまりにもないです。

で、今回紹介をするのは、二冊まとめてになります。お寿司にお米は付き物ですからね。

米に関しては精米機があるのですが、昔の人はこの部分をどうしていたんでしょうかね?個人的には農家が親戚になりますので、私はヤミ米と呼んでいるのですが、お米を直接買い取りをしています。なので一人暮らしをして、スーパーで買うまで、お米にそんなに種類があると思わなかったり、それはそれで新鮮だったりしたのですが、逆にスーパーでしかお米を買った事がない人はつきたてのお米が熱い。と言う事を知らないかもしれませんね。

お寿司に関しては、イラストが都度、へい!おまち!と書かれているのですが、最後はまとめて紹介だ!と言う場面で、色々とおまち!となっていて、何だか面白かったです。そんなに今回読んだ作品の中では発見はなかったのですが、その分、すぐに読み終わる事が出来ました。

おこめができた!

おすしのさかな

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください