サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する(読了)

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する
サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

その島は、歴史の狭間に漂っていた。近現代史の縮図を征く珠玉の紀行ルポ!
各紙誌で絶賛! 新たな「宮沢賢治論」の誕生!!
(『産経新聞』2020年5月10日 評者・江上剛氏、『河北新報』2020年5月10日 評者・土方正志氏、『毎日新聞』2020年5月30日 評者・池澤夏樹氏)ほか
「『廃線紀行』に代表される鉄道紀行と『狂うひと』に代表される作家研究が融合しあい、比類のない作品が生まれたことを心から喜びたい」原武史氏(2020年4月23日『カドブン』)

かつて、この国には“国境線観光”があった。

樺太/サハリン、旧名サガレン。
何度も国境線が引き直された境界の島だ。
大日本帝国時代には、陸の“国境線“を観に、北原白秋や林芙美子らも訪れた。
また、宮沢賢治は妹トシが死んだ翌年、その魂を求めてサガレンを訪れ、名詩を残している。
他にもチェーホフや斎藤茂吉など、この地を旅した者は多い。いったい何が彼らを惹きつけたのか?
多くの日本人に忘れられた島。その記憶は、鉄路が刻んでいた。
賢治の行程を辿りつつ、近現代史の縮図をゆく。
文学、歴史、鉄道、そして作家の業。全てを盛り込んだ新たな紀行作品!

【目次】
第一部 寝台急行、北へ
一 歴史の地層の上を走る
二 林芙美子の樺太
三 ツンドラ饅頭とロシアパン
四 国境を越えた恋人たち
五 北緯50度線のむこう
六 廃線探索と鉱山王
七 ニブフの口琴に揺られて

第二部 「賢治の樺太」をゆく
一 「ヒロヒト岬」から廃工場へ
二 賢治が乗った泊栄線
三 「青森挽歌」の謎
四 移動する文学
五 大日本帝国、最果ての駅へ
六 オホーツクの浜辺で
七 チェーホフのサハリン、賢治の樺太
八 白鳥湖の謎
九 光の中を走る汽車
十 すきとおったサガレンの夏
おわりに

主要参考文献一覧

宮沢賢治のを追いかける旅

宮沢賢治と言えば、銀河鉄道の夜。読んだ事はありますが、子供の頃で、何が何だか分からない。と言う形で終わっていて、決して名作。と強く心に残る事がなく読み終わった作品でしたね。その舞台のモデルになっていたのが現在のサハリンと言う話も知りませんでしたし、宮沢賢治が当時は樺太、宮沢賢治はサガレンと読んでいたみたいですが、そこへ旅をした。と言う事も知りませんでしたし、その旅の目的が亡くなった妹への思いが詰まっている事も知りませんでした。一応ですが、宮沢賢治自身は、妹への思いの旅。とか、そうした事を直接的には残していません。

前後に読んでおけば、もっと深まるはずの作品

本書の中でも登場をしているのですが、まず大前提。宮沢賢治の銀河鉄道の夜ですよね。私も登場人物の名前ぐらいは覚えていましたが、それ以外はもう全部忘れています。

その他、本書で登場をしている作品としては、『下駄で歩いた巴里』。そして本書の中で熱く・かつ厚く取り上げられていたの作品の著者としてチェーホフがいます。名前は聞いた事はあるけれど。と言うレベルなのですが、作品自体は何一つ読んだ事がないのですが、このロシアの文豪が樺太を訪れて、物凄く当時の様子を記録してくれているみたいです。

チェーホフの、その意欲的な作品については、読むのはかなり苦しいレベルに分厚いらしいのですが、国会図書館のデジタルで大事な部分の和訳が無料で読めます。『チェーホフのサガレン紀行』になりますので、前後で読んで頂くのが良いと思います。

一度、行ってみたいですよね

正直、サハリンについては、余裕があれば一度位は行ってみたい。と言う気持ちだったのですが、当時の日本であった痕跡などを本書を通じて知る事が出来て、行ってみたい気持ちがワンランク上がりましたね。中々おっかない部分もあります、南北鉄道のサハリン号についても、シャワーがない。と言うのが柘植青年と私も同じ気持ちで、それはちょっときついな。。となりますね。

まだまだ近いのに知らない事。知っておきたい事。そうした事が世の中に膨大にある。と言う事を本書を通じて再確認をさせられましたね。本だけではなく、現地に行って、自分の目で確認をしないと行けないですからね。寿命がいくらあっても足りないな。

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅するを読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください