レディ・プレイヤー1を見た感想

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

レディ・プレイヤー1 – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks

レディ・プレイヤー1におっさん歓喜!

作品として本題に入っているのですが、序盤のシーンですね。レースシーンがあるのですが、Back to the futureのデロリアンと大友克洋のAKIRAの金田バイクが登場。競争をしているシーンを見て、何だか不思議な気持ちになると同時に今までにあまり感じた事がない感覚に襲われましたね。

レース自体に、キングコングが妨害をしたりしているのですが、キングコングには別に何の思い入れもないので、邪魔やの。コング。位の気持ちでした。Back to the futureとAKIRAのテーマソングが脳内で繰り返し流れる感じでしたね。金田バイクって、CGだと思いますが、滅茶苦茶格好いいですね。

世界に衝撃を与えた、日本アニメの元祖と言えば、やっぱりあAKIRAですな。

で、細かい所を見てみましょう。AKIRAの何が衝撃だったか?と言いますと、手の平から宇宙を作るシーンは科学者に譲るとして、アニメ界隈では、ライトの残像が残るシーンが衝撃だった訳ですが、それが映画ではどうなっているのか?

きっちりと残像も出してくれていますね。スティーヴン・スピルバーグ、分かってますね。

スピルバーグが日本に来日

スピルバーグ監督ですが、何でまだ仕事をしているのでしょうかね?している振りだけで実際に何もやっていないのかな?作品についても、バンバン出していますよね。そんなスピルバーグ監督が「レディ・プレイヤー1」の宣伝の為に来日をしていますよね。親がたまたまその日に都内に行き、凄い人集りだったので、何かあるんですか?と聞いたみたいで、その時にスピルバーグが来ている。と言う話を聞いたみたいです。だからと言って別に親はスピルバーグ監督を見た訳ではないです。

それだけで日本市場に対して、気合いが入っている作品となるのですが、20代前半の子には、何も思い入れがない作品のみとなっているので、正直その辺りの年代には厳しいですかね。

数々の作品キャラなどが登場

ダンスシーンでは定番のサタデーナイトフィーバーが登場。

私は年齢を考慮したら、相当映画とかに詳しい方だと思いますが、流石にサタデーナイトフィーバー自体は見た事がないです。ジョン・トラボルタの出世作品で、今の姿からは想像出来ない切れきれのジョン・トラボルタが見れる。と言う程度の知識がギリギリある程度です。

シャイニングは見ていないんですよね

二つ目の鍵のヒントと関連をして、映画のシャイニングが登場をするのですが、見ていないんですよね。ジャック・ニコルソンが顔をにゅっと出している映画でしょう?と言うパッケージの知識だけはあるのですが、監督がスタンリー・キューブリックで、この監督の作品で『時計仕掛けのオレンジ』を見て、あー、こいつ頭いかれてるわ。と言う感想と同時にいかれ具合の方向性が少し自分と同じベクトル気味となっているので、同族嫌悪的な気持ちが湧いてしまい、あまり見ないようにしています。

ただ、今作のレディ・プレイヤー1では登場をしていますので、全てを満喫したい人は事前に見ておいた方が良いかもしれませんね。さっぱり分かりませんでした。

日本人登場、そしてメカゴジラ対RX-78-2

おっと少しマニアックな書き方をしてしまいましたね。要するに世間一般で言えば、RX-78-2はガンダムになります。RX-78-1はプロトタイプで一般の人が知っているガンダムとカラーリングが違ってい黒多めになります。

こちらがガンダム登場シーンですね。で、上の動画の最後の方にこっそりとBack to the futureのサウンドあっさりと紛れている。と言う感じです。盛り沢山ですね。

春麗も登場、スト2世代涙目

ちなみに主人公が軽く波動拳を出します。そちらは映画内で見て頂ければと思うのですが、見ていて思ったのが、ここまで来たらドラゴンボールも出してくれないかな?とか頭でチラチラと考えていたタイミングだったので、波動拳を出す瞬間にカメハメハ波か!?と思ったのですが、違いました。上にも書いている通りに春麗もチラッと登場をしていますね。

作中に登場をしているキャラクターなどを一通り理解をするには、かなり世代間を飛び越えて色々と情報を収集しないと厳しいと思います。上述をしているように、サタデーナイトフィーバーも見た事はありませんし、シャイニングについても中身が全く分かりませんでしたね。でも、自分の分かる範囲で楽しめば良いと思いますかね。ただ、私は自分よりも若い世代の事については、ちょっと良く分からなくて、見た感じで言えば、ポケモンはありませんでしたし、AKIRAだって知らないだろうし、Back to the futureだって下手したら見た事ないですよね。あんまり楽しめないかもしれませんね。

最後の決戦で集まる集団

エッグ、要するに鍵になるのですが、それをオアシスと言うバーチャル空間上で探す戦いになります。最後の鍵はゲームのアタリから探し出す。となっているのですが、私はたまたま兄貴がいて、かつたまたまアメリカに住んでいた時期があり、自宅にアタリがありましたら、同年代だってアタリなんて知らない人が圧倒的だと思います。

そんな鍵を見つける冒険物になるのですが、最後は企業対一般人と言う事で、最初に鍵を見つけた主人公はゲームの中ではヒーローとなっているのですが、そんなヒーローの呼びかけに応じて、皆大集合!あっちこっちで殴り合いの戦いが始まります。

作品としては全然ありですね。エンターテインメントとしても秀逸な作品になると思います。前から映画を見た時に宣伝で今作が流れていて、やばい絶対に見ないと!と思っていたのですが、無事に見る事が出来ました。取りあえず、私もエッグを隠しておきたいと思います。

映画『レディ・プレイヤー1』オフィシャルサイト
レディ・プレイヤー1(U-next)

映画見るのに良いサイト

月額1990円で、大量の映画を楽しむ事が出来るサービスがU-nextになります。昔であれば、Wowowみたいな感じですかね?Wowowは今でもありますが、U-nextはマルチデバイス対応となっていて、IDも4つまで発行可能となっていますので、家族で楽しむ事も可能です。31日の無料体験も可能となっていますので、お気軽にどうぞ。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください