アマデウス

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

内容紹介

モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った名作
嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム

凍てつくウィーンの街で自殺を図り精神病院に運ばれた老人。彼は自らをアントニオ・サリエリと呼び、皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であると語る。やがて彼の人生のすべてを変えてしまった一人の天才の生涯をとつとつと語り始める…。若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎の生涯を、サリエリとの対決を通して描いた話題作。1984年度アカデミー賞8部門(作品・監督・主演男優賞他)を獲得。

【映像特典】
・ オリジナル劇場予告編

天才モーツァルトの人生

流石に知らない人はいないでしょう。モーツァルトです。本名がヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとなっています。格好いいね。そんなモーツァルトの人生が描かれているのが今作の「アマデウス」になるのですが、随分と前の作品となっていて、実家にVHSがあった記憶があります。今更VHSと言われても、見る為の機材がないので、DVDで見ました。

モーツァルトの曲自体、そこまで知らないのですが、魔笛とか好きですよね。映画の中でモーツァルトが魔笛を閃いたシーンがあるのですが、大家さんらしき女性に風呂にも入っていないモーツァルトが金やるから温泉にでも入ってこい!と色々とせかされているシーンで、魔笛が生まれたとなっていますが、あれ?魔笛ってフリーメーソンの入会の儀式が描かれているのではないの?

物語はアマデウス・モーツァルトを身近で見てきた老人の回想シーンから入る形で進んでいきます。最終的には、その老人は言葉を選ばずに書きますが、精神病院の患者だった事が分かるシーンで終了となります。謎の多い人生を歩んだとされているモーツァルトですが、何だろう、比較対象としては違う点も多いと思いますが、スランプからの復活とかも合わせると、手塚治虫先生と被りますね。性格的にも社会的にはいかがなものか?と思える点も多々ある点なども自分の中では被ります。

天才と呼ばれている人って、仕事をしている時に危機迫るものを見せてくれる。と言うイメージがあるのですが、よーく考えてみたら、周りに天才がいませんでした。

映画見るのに良いサイト

月額1990円で、大量の映画を楽しむ事が出来るサービスがU-nextになります。昔であれば、Wowowみたいな感じですかね?Wowowは今でもありますが、U-nextはマルチデバイス対応となっていて、IDも4つまで発行可能となっていますので、家族で楽しむ事も可能です。31日の無料体験も可能となっていますので、お気軽にどうぞ。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください