連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏

連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏
連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏

『ゴッドサイダー』『メタルK』などの不条理バイオレンスで異彩を放った作家・巻来功士が、ジャンプ連載時の舞台裏を描く実録マンガ。 『北斗の拳』『シティーハンター』『キン肉マン』『ジョジョの奇妙な冒険』――名だたる名作マンガが連載していた80年代後期の少年ジャンプで体験した青春、葛藤、挫折を、編集者との関係性とともに赤裸々に綴る!! ※本作は電子版です。紙版にある巻末の対談は収録していません。

ジャンプ黄金時代の舞台裏を当時の中堅漫画家が描く

トップランナーだった漫画家から見た舞台裏と、中堅漫画家からの舞台裏。当然見ている景色が違ったと思います。トップランナーの人気作家さんが、ジャンプ黄金時代の舞台裏の作品を書いたりした作品はないと思いますが、今作は巻来功士先生が書いています。

ご多分に漏れず、私自身もジャンプ育ちとなりますが、ゴッドサイダーもリアルタイムで見ていたのですが、当時は小学生になるかならないか?年が少し離れた兄貴がジャンプを購入していたので、読んでいたのですが、ゴッドサイダーと言う漫画がある事は認識をしていたのですが、きゃらくたーの名前。どんなストーリーだったか?全く記憶にないです。

今回の『連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏』を読んで初めて知ったのですが、そもそも巻来功士先生自体、ジャンプから漫画家を始めた先生ではなかったんですね。当時はそんな事を作品を通して書いたりはしていないのですが、元々、青年漫画を書きたかった。と言う事で、なるほど、小学生になるかならないか?の私が覚えていないのも納得出来ました。子供に向けた漫画を書いていないのですから、そりゃ、記憶に残らないわ。と言う話ですね。

ただ、今は自分も年齢を重ねていますし、青年漫画の単行本の方が購入する機会が増えましたね。少年の心を忘れない為に、時々少年向けの漫画の単行本を購入する。と言う感じです。

だからこそ、今回の作品が販売をされた時に、近いうちに読まないとな。と思っていたのですが、電子書籍でようやく購入。少し時間が掛かりましたね。

それぞれの年代によるジャンプがあると思います。それこそ、もう大人になっていて、おい!巻来功士先生の漫画、滅茶苦茶面白くないか?と言う人も当然いたでしょうね。読んだ感想としては、『メタルK』がきになりますし。少年ジャンプ時代では、今風に言えば、打ち切り作家の代名詞となりますが、今では自分のやりたい場所で、書きたい作品を書いているので、充分に楽しい生活をしていますし、作中でも打ち切りに対しての悲壮感とかはなく、シンプルに読んでいて楽しい作品でしたね。

ある程度、達観の境地に至っていると思いますが、ある程度の年齢になると、周りと競う。と言うのを辞めて、自分のペースで自分のある程度やりたい事をやっていく。と言うスタイルに移行をしていく人も多いと思います。私自身もそうですね。

作品については、ほとんど知らないのですが、巻来功士と言う漫画家は知っていましたし、今どうしているのかな?と言うのも、ちょっと分かったので、何となく安心しましたね。

漫画自体を長く読んでいると、おい?あいつどうした?みたいな漫画家はどうしても出てきますからね。取りあえず、巻来功士先生は元気だぞ!と言う事を知りましたし、皆さんにもお伝えしておきます!

連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください