新説 坂本龍馬

新説 坂本龍馬

新説 坂本龍馬

内容紹介
あなたの知っている坂本龍馬、フィクションではありませんか?

龍馬の名は、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』など伝記小説から広まったため、実像と離れた「伝説」が生まれ、今なおそれが通説となっている。
歴史学者が丹念に史料を読み解くことでわかった龍馬の実像とは⁉
龍馬は薩摩藩士? 薩長同盟に龍馬は無関係? 亀山社中はあったのか? 大政奉還は龍馬のアイディア? など、新知見が満載。
「英雄フィルター」を外してみれば、龍馬の真価が見えてくる。

――(本書「はじめに」より)
私は、明治維新史を専門としているが、その主な対象は幕末政治史であり、さらに絞り込めば、薩摩藩を中心に研究を行っている。その他にも、攘夷といった対外認識論(外国に対する考え方、世界観)にもアプローチしている。そうした中で、とくに前者の研究において、龍馬の存在はきわめて重要である。しかし、史料にあたっていくと通説と違った龍馬の動向が散見され、過大評価された部分も少なくないと感じる。一方で、過小評価されていた部分も発見した。これは、龍馬の価値を高めることとなるだろう。こうした新しい龍馬を提示したい。

――(目次より抜粋)
1章 龍馬の生い立ちと江戸修行―人格形成の秘密
2章 安政期の政情と二度目の出府―剣術修行と千葉佐那
3章 土佐勤王党と志士龍馬の誕生―武市半平太と間崎哲馬
4章 久坂玄瑞と島津久光の率兵上京―第一次脱藩への影響
5章 松平春嶽、勝海舟、大久保忠寛との邂逅―第一次脱藩前後の龍馬
6章 神戸海軍操練と第二次脱藩―龍馬の海軍構想とは
7章 薩摩藩士・坂本龍馬の誕生―薩長融和周旋の開始
8章 「西郷すっぽかし事件」と名義借り―龍馬の実像探索
9章 龍馬の長州藩派遣と薩長融和の促進―交渉人龍馬の凄み
10章 盟友・近藤長次郎とユニオン号事件―亀山社中はなかった!
11章 「小松・木戸覚書」の成立と意義―薩長同盟伝説を撃つ
12章 寺田屋事件の実相とその後の政情―龍馬暗殺の伏線
13章 龍馬社中と土佐藩復帰―薩摩藩士・土佐藩士の二面性
14章 海援隊と薩土盟約―龍馬の功績とその実相
15章 大政奉還と龍馬暗殺―幕末史上の大事件は何が謎なのか?

■著者略歴
町田明広(まちだ あきひろ)1962年、長野県生まれ。神田外語大学准教授・日本研究所副所長。明治維新史学会理事・事務局長。上智大学文学部・慶應義塾大学文学部卒業、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。著作に『島津久光幕末政治の焦点』(講談社選書メチエ)、『攘夷の幕末史』(講談社現代新書)、『グローバル幕末史』(草思社)、『薩長同盟論』(人文書院)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)
幕末の目まぐるしく変化する社会情勢の中で、坂本龍馬はどのような役割を演じたのか?英雄伝説に彩られた龍馬の生涯を「幕末政治史」の中で見つめ直し、その真価を問う。脱藩浪人の龍馬がなぜ活躍できたのか?亀山社中を作ったのは誰なのか?海援隊、誕生の秘密とは?膨大な史料を徹底検証し、まったく新しい龍馬像を浮かび上がらせる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
町田/明広
歴史学者。1962年、長野県生まれ。上智大学文学部・慶應義塾大学文学部卒業、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。神田外語大学准教授・日本研究所副所長。明治維新史学会理事・事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

司馬遼太郎史観の人は見た方が良いのかな?

個人的には、亀山社中が明治時代に出来た名前で元々は社中だった。が一番の衝撃でしたかね。そもそも司馬遼太郎の作品を読んでいないので、司馬遼太郎のいわゆる司馬史観と言うが自分にはないので、そもそも何で、そんなに坂本龍馬が人気なのかが、よく分からない。と言うスタンスだったので、そうした意味で言えば、本書を読んでも、特に衝撃を受ける事はありませんでした。

なので、司馬遼太郎史観を持っている人には史実と向き合う契機となる書籍なのかもしれません。実際に自分の中では申し訳ないのですが、もう読んだ後、数日が経過をしただけで、記憶になくなっている状態です。なので、当然、全くの個人的な評価としては、別に面白くはないですよ。と言うのが率直な感想になるのですが、アマゾンでのレビューの評価は高いですね。契機になった方が多いのかな?と思います。

最近では、特別に歴史として重大な事を坂本龍馬本人がした訳ではないから、教科書からも消してしまおうか?と言われ始めていて、坂本龍馬ファンが切れそうになっている話も良く聞くのですが、確かに坂本龍馬本人が何かをしたか?と言われたら、仲介者であって、自分自身で動いて、何かを大きく動かした訳でもないですからね。

明治維新で一番の豪傑と言えば、やはり西郷隆盛でしょう?と言うスタンスになりますので、坂本龍馬の熱狂的なファンの方からしたら、少し辛辣な感想になってしまったかもしれませんが、別に坂本龍馬をバカにしているつもりは一切ありませんので悪しからず。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください