映画:ジョーカーは色々と危険

映画:ジョーカーは色々と危険

映画:ジョーカーは色々と危険

「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。原作のDCコミックスにはない映画オリジナルのストーリーで描く。「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。これまでジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレット・レトが演じてきたジョーカーを、「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが新たに演じ、名優ロバート・デ・ニーロが共演。「ハングオーバー!」シリーズなどコメディ作品で手腕を発揮してきたトッド・フィリップスがメガホンをとった。第79回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、DCコミックスの映画化作品としては史上初めて、最高賞の金獅子賞を受賞した。

引用:映画.com

これは危険な作品でしたね

アメリカでは色々と事情があるみたいで、警告なども出ているみたいです。

『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危うい映画

と言う事で、ニューズウイークの記事を上記に掲載をしておきたいと思いますが、オルト・ライトの怒りを幇助している。と言うトーンになりますね。散々見捨ててきたくせして、良く言うぜ!と言う気持ちになりますが、そもそもダークナイトだって、アメリカが正義のイラク戦争を戦っているのに、何で、こんなに文句を言われないといけないんだ!と言う葛藤がベースになっている作品ですよね。

もちろん、シンプルにエンターテインメントとしても非常に高い作品で大ヒットをしたのですが、今作となる『ジョーカー』は戦争とは関係がないのですが、やはり現代社会に対してのメッセージが強烈に込められている作品だと思います。

もっと優しい社会になって欲しい。と言う願い

世の中には、色々な事で悩んでいる人がいる。今作のジョーカー、本名はアーサーになるのですが、神経と脳の病気を患っていて、自分の意思とは関係無しに笑い初めてしまう。と言う病気持ちになります。

ただ、性格的にあくどい奴か?と言われたら、全くそうではなく、純粋に良い人。と言うのが個人的な見た感想です。ちょっとネタバレになりますが、バスの中での子供との絡みなども、子供の母親の心ない言動などによって、アーサーはより追い詰められていく過程が描かれています。

元々は人を笑顔にしたいだけなのに。それがアーサーの本心だったと思いますが、周囲の理解を得る事が出来なくて、次々と追い詰められていき、孤立を深めていくアーサー。

電車内でエリート証券マンが女性を口説こうとするも相手にされず、たまたま居合わせてしまった為に、数人係りで蹴られてしまい、護身用に所持をしていた銃で発砲。

これまで自分を苦しめていた周囲の人間を殺す事で、もうその相手がいなくなる事を理解したアーサー。ここから少しずつ、アーサーがジョーカーへと切り替わっていく。そんな流れの作品です。

この辺り、監督のインタビュー記事を映画視聴後に読んでみたのですが、監督としては、もっと社会が思いやりをもって、優しくあるべきだ。と言う事を語っていました。確かにその通りですよね。

エリート証券マンが死ねば、皆が偲んでくれる

劇中の中での台詞になるのですが、『俺たちが死んでも、踏みつけられるだけだ。』と言うのがあります。これが現代社会の分断ですよね。

日本でも池袋の交通事故で上級国民だから逮捕をされないだ!と言う怒りがこみ上げていましたが、日本でも分断社会が進行中。エリート層が、そうした歪みを直そうとする所か、より隠蔽体質になってきているので、分断社会はより一層深刻なものになっていくのかな?と個人的には思いますが、はてさて。

社会が狂っているのか?俺が狂っているのか?

こちらも劇中での台詞になりますが、個人的には社会が狂っているよ。と思っていますが、この台詞だけでも強烈なメッセージを感じました。

アーサーは、この後、ジョーカーとなり、バットマンと戦っていく事になるのですが、バットマンは超絶富裕層で、社会に規制と秩序をもたらそう。とする側の象徴になります。逆にジョーカーは混沌としてのアイコンになるのかな?と思いますが、これでジョーカーが実はバットマンに匹敵する富裕層でした。とかになると興醒めをしてしまいます。

今の日本社会を例にして、あえて書くとしたら、バットマンは金持ち層に賛成でしょうね。でも、そうではない人から見たら、ジョーカーを支持する。と言う事も充分に考えられます。

なので、この映画を見て、危険だ!と感じる方は全般的にエリート層に属している人になるのではないでしょうか?自分達が作った、自分達に取って都合の良い規制と秩序が破壊をされてしまう恐怖を感じるのかもしれません。

アーサーだって努力をしていない訳ではなかった。頑張って努力を重ねてきたけれども、世間がアーサーに酷い仕打ちを繰り返し繰り返し行ってきて、そんなタイミングで拳銃と言う力を手に入れてしまい、自分を虐げる周囲を騙される手段を手にしてしまった。

勿論、人を殺す事はダメな事であって、ルール違反になる訳ですが、そのルールからの解放を見出してしまい、ジョーカーになる。一番上に掲載をされている画像については、劇場で見た中で、個人的には一番好きなシーンで、ルールからの解放を感じて、完全にジョーカーになった。と自分が思ったシーンになります。

結局、舞台となっているゴッサムと言うのはモデルはニューヨークになるのかな?と思いますが、エリートで富裕層で、職業は賭博行為のウオール街がある訳ですが、そうした人の賭博で失敗したら、金銭的な負担はお前ら貧民から巻き上げるからな。と言う状態の是正は今なおされていない状態であり、ジョーカーはこうした社会へのアンチテーゼになっているのでしょうね。

日本もマイナンバーで、これからガンガン徴税をするぜ!となっていますが、タックスヘイブンはノータッチ。と言う事で、日本でもジョーカーを求める気運が年々高まるかもしれませんし、高まってもらって、中和をされた方が良いでしょうね。

行き過ぎた資本主義と、多国籍企業の台頭によって徴税が企業から取りにくい状態になってしまい、国民へさらなる負担を課していく。と言うのは、ちょっとね、不味い状況ですね。

ニューズウイークの記事を書いた方は外国人みたいですが、秀逸な記事タイトルだな!と思います。だけれども、メディアの人間であれば、本来は怒りを上にぶつけて糺さないといけないはずなに、下に警戒をして、どうするんね?と言う感じですね。こうした上と下を繋ぐはずの存在が、残念ながら今の時代は国を対して問わず、上に阿る態度となってきてしまっているのが、下の怒りのマグマであり、世界中で起こっている現象ですね。

と僕は個人的に、この映画を見て、無駄に色々と考えてしまいました。皆さんはどうでしたか?

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください