トリリオンゲーム(ハチャメチャ起業サクセスストーリー)

トリリオンゲーム(ハチャメチャ起業サクセスストーリー)
トリリオンゲーム(ハチャメチャ起業サクセスストーリー)

稲垣理一郎×池上遼一が描く、最強すぎる二人!! 世界一のわがまま男・ハル。その相方のガク。二人でつかめ!1、000、000、000、000ドル!!

まさかのタッグ結成!

アイシールド21でヒット作家となった稲垣先生。ドクターストーンも大ヒット!ジャンプの看板作品となっているので、てっきりとジャンプ、あるいは集英社と独占契約をしている。と思っていたのですが、まさかの小学館で池上遼一先生とタッグ結成となりました。

池上遼一先生と言えば、サンクチュアリになりますし、武論尊でも史村名義でも良いのですが、そちらのコンビが多かったので、どうしてもそちらの印象に釣られてしまうのですが、読んでいて、本当に稲垣先生か?と思える感じでしたね。これは、良い意味です。池上遼一先生のイメージから、かけ離れる事なく、楽しめる感じですね。

まだ、1巻が販売をされたばかりとなるのですが、今後が気になりますね!稲垣先生であれば、ドクターストーンを見ても分かるように、人気が出たからといって、ぶん投げる事はないと信じていますので、それなり以上に人気が出て、それなり以上の長期連載となって貰いたいです。武論尊はねー。おお!と思わせて人気が出てからのぶん投げで終了。と言うのが多かったですからね。

単行本未の1巻を読んでも、冒頭で大成功を収めたシーンが出てくるだけで、まだ会社を設立したけれども、何の事業をしているのか?それすら分からない状態になっているのですが、今後について、ワクワクしながら期待しながら次の巻を待ちたいと思います。

人気が出ないと打ち切られてしまうので、みんな買ってね!

トリリオンゲーム 1巻
トリリオンゲーム 1巻

池上遼一作品!

正直、池上遼一先生の名前よりも、稲垣先生の名前の方に食いついて興味をもった。と言う人も多いかもしれませんが、池上遼一先生の作品については、別作品も当サイト内では紹介をしています。熱い作品が多いので、そうしたのが好きな人にはお勧めです!

サンクチュアリが一番好きで、今も自宅にあるのですが、何故かその作品については、ページを作成していませんでした。多分、このサイトを作る大分前に読み終わっていたので、紹介をし忘れていたのだと思います。

トリリオンゲームを読んでみよう♪

トリリオンゲーム 2巻

トリリオンゲーム 2巻
トリリオンゲーム 2巻

1兆ドルが見えてきた!驚愕の事業計画!!
桐姫から条件付きで
1億円出資を引き出したハルとガク。
さらなる好条件の出資を狙って、
ドラゴンバンク主催のハッカー大会に挑む。
勝てば出資金、負ければ桐姫と奴隷契約(!?)
のデスゲーム!
エリートチームを相手に、
ハルのミラクル作戦が炸裂する!!

いよいよ出資を受けて起業!

当たり前ですが、1巻からの続きになります。ハッカー大会が序盤の山場となり、割と長期化をするのかな?と勝手に考えていたのですが、すぐに終わりましたね。

そしてジョニー・デップから出資を受けて、起業となりました。早速売上もちょぼっとですが出始めた所で、サービスなのか?会社なのか?どちらか分からないのですが、売却を仕掛けて、その会社から条件を付けられる。と言う形で2巻は終了。

今回は帯をみて驚きましたね。芸人の千鳥が紹介をしているのですが、やべー!今までは池上遼一先生の作品は、割とマニアなコア層しか読まない作品だったのですが、これは大衆まで行ってしまうかもしれませんね。

トリリオンゲーム 2巻を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください