くつやのドラテフカ ポーランドの昔話(世界傑作絵本シリーズ)

くつやのドラテフカ ポーランドの昔話(世界傑作絵本シリーズ)
くつやのドラテフカ ポーランドの昔話(世界傑作絵本シリーズ)

若い靴屋のドラテフカは、村から村へと古靴を直して歩いていました。ある日、森でアリ塚がクマに蹴散らされているのをみつけました。ドラテフカは散らばった塚を帽子でかき寄せてやりました。すると、女王アリが出てきていいました。「ご親切にありがとう! あなたがお困りの時は、わたしたちが助けましょう」のちに、魔法使いに首を切られそうになったドラテフカは、だれかに助けられるのでしょうか。ポーランドに代々伝わるお話です。

情けは人の為ならず、なのか?

これは途中までは、うんうん。となりながら読めたのですが、途中から急展開となる絵本でしたね。魔法使いが当たり前のように存在をしているのと、その魔法使いを相手に、お姫様と結婚をしたいから。と言う、すげーな。おい。と思える理由のみで挑戦をする、ドラテフカの物語になります。

こう言う、最後救ってくれてありがとう。結婚します。みたいな話は絵本の中でも、割とポピュラーな気がするのですが、当のお姫様の感情みたいなのが、一切ないのですが、その点は、これ問題ないの?お姫様自身が救ってくれた方と、もれなく結婚!と言っているケースも中にはあるのですが、今回の絵本では、お姫様の意思みたいなものは、特に見当たらなかったです。

道中、小さな動物を助けた事で、難所を乗り越える事が出来ました。と言う恩返し系の絵本となっていて、こうしたシチュエーション自体は古今東西を問わず、あるのでしょうね。今回の絵本であれば、ポーランドの昔話みたいなのですが、ポーランドとか、全然馴染みがない国になりますので、良く分からないのですが、絵本の王道みたいな作品でした。

くつやのドラテフカ ポーランドの昔話(世界傑作絵本シリーズ)を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください