業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち

業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち

業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち

出版社からのコメント
著者の斉藤徹さんより、特別メッセージをいただきました。
——————————
起業家先生のとんとんです。業界破壊企業って知ってますか?すごいビジネスモデルやテクノロジーで破壊的なイノベーションを起こす新興企業のことです。

例えば、リモートフィットネスのPelotonって会社。全米NPSで2位、解約率1%という驚異的な数字で世界的にも注目されてるスタートアップです。自宅でこげるモニターつきのバイクを25万円の販売と、月額4000円のサブスクを組み合わせビジネスモデルです。ちょっと高いかなと思うんだけど、これが全米で大受けで、セレブも御用達になってます。どうしてそんなに受けるのか。その秘密はライブ感と徹底したこだわりにあります。

この本では、こんなすごい会社を20社以上紹介して、最新ビジネス辞典みたいにいつでも参考にできるような構成にしてみました。加えてミレニアル、サステナブル、リーンスタートアップなど、業界破壊企業を生みだすエッセンスについても詳しく解説しています。 さらに、この40年のベンチャーの歴史をひもといて、バブルの発生と崩壊、いま注目されているWeWork問題からコロナショックまで、そのインパクトや今後の見通しについても描き下ろしました。 今、人々の価値観は大きく変容しようとしています。そのキーワードは、お金視点の経営から、幸せ視点の経営へ。そんな未来の方向まで示唆した、濃い内容の一冊に仕上げました。
これから大きく変わりそうけど、どう変わるかわからない。どうすればいいのかわからない。そんな方におすすめです。ぜひ手にとってお確かめくださいね。

斉藤 徹
内容(「BOOK」データベースより)
「デス・バイ・アマゾン」という言葉がある。アマゾンの業務拡大によって、業績の悪化が見込まれる企業や業界のことだ。同じような現象がさまざまな業界で起きている。タクシー業界におけるウーバー、ホテル業界におけるエアビーアンドビーなどが有名なところだ。業界秩序や商習慣にとらわれることなく、斬新なビジネスモデルやテクノロジーを市場に持ち込み、驚くべきスピードで顧客を獲得している企業、すなわち「業界破壊企業」である。新しい「業界破壊企業」の中から、これから世界に轟くであろう二二のイノベーティブな企業をピックアップして徹底解説する。
著者について
◎著者プロフィール◎
斉藤徹(さいとうとおる)
株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。
1961年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工学部を経て、1985年、日本IBM株式会社入社。
1991年、株式会社フレックスファームを創業。
2005年、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業。
2016年、学習院大学経済学部特別客員教授に就任。
2020年、ビジネス・ブレークスルー大学教授に就任。
専門分野はイノベーションと組織論。三十年近い起業経験をいかし、Z世代の若者たちとともに、実践的な学びの場、幸せ視点の経営学を広めている。『再起動(リブート)』(ダイヤモンド社)、『ソーシャルシフト』(日本経済新聞出版社)など著書多数。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
斉藤/徹
株式会社ループス・コミュニケーションズ代表取締役。1961年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工学部を経て、’85年、日本IBM株式会社入社。’91年、株式会社フレックスファームを創業。2005年、株式会社ループス・コミュニケーションズを創業。学習院大学経済学部特別客員教授を経て、’20年、ビジネス・ブレークスルー大学教授に就任。専門分野はイノベーションと組織論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

割と面白かった

ちょっと前から話題になっているUBERなどが代表をされる、アメリカ中心のユニコーン企業が色々と紹介をされている書籍になります。UBER自体は海外で実際に利用をした事があるのですが、保障とかが気になりましたね。万が一事故にあって、後遺症が残る事故とかが起きたら?大手のタクシー会社であれば、多少は保障をして貰えると思いますが、小遣い稼ぎでUBERをやっている人には払ってくれそうもないですよね?

そうした点などが、まだまだ心もとない印象を受ける会社も多いのですが、そうした事も関係がない会社もあったりして、へー?今はこうした企業が出てきているんだ。と言う勉強になりました。海外との送金などでも圧倒的手数料が安い会社があったり、実際に海外の会社からお金を頂いている立場としては、知らなかったぜ!と言う意味でも勉強になりました。

いわゆる中抜きの会社も多いのが率直な感想で、それよりも、後半の技術的な問題で世の中のニーズを満たそうとしている会社の紹介をしている部分の方が自分としては、読んでいてワクワクさせて頂けました。

ネットで注文をして、現物を手にしたら、あれ?意外とボリュームがあるぞ?と思ったりしたのですが、文字が大きめのせいですかね?一日で読み終える程度のボリュームとなっていました。理解をしやすい文章で書かれているので、読んでいても、つかえる事がなく、スイスイと読みやすい内容となっていますので、誰が読んでも大丈夫だと思います。最低限GAFA位は知っているレベルである方が好ましいのは間違いないのですが、本書に興味を持っている方であれば、それ位は問題ないかと思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください