新しい地域ネットワークの教科書:ご近所の共助があなたの未来をひらく

新しい地域ネットワークの教科書:ご近所の共助があなたの未来をひらく
新しい地域ネットワークの教科書:ご近所の共助があなたの未来をひらく

超高齢社会を生き抜く、ご近所ネットワークの可能性の選択肢とは!?
「ご近所」とは、イコール「町内会」ではなく、すべての日本人に共通する最も身近なコミュニティ。
家庭や仕事、学校以外のコミュニティに属することで、人生の楽しみを増やし、生き方を考え直すことにつながる。
超高齢社会の問題(老老介護、孤独死など)に向き合い、共に生き抜く、ご近所相互扶助のパワーと今後の展望。
地域共生社会への第一歩として、「ご近所」の可能性を考える。地域ネットワーク事業に携わる人に具体的な活動方法を教示し、手引きとなる本にする。
これから一冊をかけて、地域共生社会に向かう具体的なアプローチとなる、ご近所起点の新しい地域ネットワーク、つまり、ご近所の未来づくりについてお話ししていきたいと思います。
ご近所が、セーフティネット(安全網)として機能し、私たちの日々の生活を豊かにできる。ご近所の犯幅広い可能性(希望)の選択肢を描くことのできる本になればと思っています。

■目次
●第1章 「現状」と「ありたい姿」を共有する
・ご近所に光を当てる理由
・「ご近所づきあい格差」が広がっている
・根強く残る右肩上がりの価値観モンスター
ほか
●第2章 地域共生社会をイメージする
・後期高齢者が見ている景色
・母子家庭で育った男性がご近所の大人たちから学んだこと
・40代引きこもり男性の言葉
ほか
●第3章 ご近所の共助を「自分ごと化」する
・2030年に需要の高いスキルは学校では教えてくれない
・教育界で話題の非認知能力が育まれる
・子供から家庭へ、子供から地域へ
ほか
●第4章 変化を起こす「考え方」「心構え」に向き合う
・人づきあいは「ゆるくかるく」で大丈夫
・孤独と孤立の本質を理解する
・複数のコミュニティに属するメリット
ほか
●第5章 最大の壁「メンタルモデル」に向き合う
●第6章 日本人について考える
●第7章 行政の限界と住民主体について考える
●第8章 地域の活動に共通する難問を解決する
●第9章 ご近所の共助が日本の未来をひらく

■著者 伊藤幹夫(イトウミキオ)
1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
りそな銀行(旧大和銀行)、ディップ、アニコム損害保険に勤務後、2019年に起業。
2015年から2年間多摩大学大学院での学び直しと同時に地域社会にどっぷり浸かる。
現在は、多摩大学医療・介護ソリューション研究所に席を置きながら、町内会会長、成田ニュータウン自治会連合会事務局長、自主防災組織会長、指定避難所運営委員会委員長に加え、
多くの地域支援活動に向き合っている。公益財団法人さわやか福祉財団のさわやかパートナー。
一般社団法人若草プロジェクトの賛助会員。公益財団法人丸和育志会の会員(優秀プロジェクト賞受賞者)
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

自助・共助・公助

まず、菅元総理が放った、この言葉、個人的には大嫌いです。満額公助で金を貰っている人間の息子が30位まで、売れないバンドマンをやっておきながら40位で億ションを購入。どう考えてもおかしい。必然的に『自助・共助・公助』と言う言葉自体が嫌いになりましたね。そうしたアレルギー的な反応が自分の中でありますので、共助と言う言葉を本書が使っている事に、うーん。となるのですが、著者の伊藤幹夫さん自身に対して、もちろん敵対心は微塵もありません。

大いに共感をする事が出来た所もあれば、ここは真っ向から反対かな?と思える点もあったり。本書自体を読んだのは少し前になるのですが、記事にするのに自分なりに色々と考えてから。と言う形になりましたので、記事にするのが遅くなった。と言うだけで、むしろ真面目に感想文を書こうと思ったので、アップするのが遅れた。と言うだけの話になります。

まずは真っ向反対!

地域共同体の年齢を超えた交流。これ自体は非常に良い事になると思いますし、それをどう実践していくか?その点については難しさは残りますが、その点についても特別に反対をする理由は一切ないのですが、79ページ目から始まる旧AO入試で有利になる。と言うのは真っ向から反対ですね。

取りあえず、役人様がやろうとしている事には、まずは反対。と言う立場です。だって、あいつらのやる事なす事、全部失敗しているじゃん?もしかしたら、上手くいったのもあるかもしれませんが、大体失敗しているよね。

勉強重視から、人物も重視しよう。これ自体は私が高校受験の前辺りから始まりましてね、出来たのが内申点とか言うやつなんですよ。で、今でも行われているのですが、私自身は埼玉県の東松山市と言う所に住んでいて、スリーデーマーチと言う三日間、歩きましょう。と言う、クソと言えばクソみたいなイベントがあります。そのイベント自体には文句はないのですが、市内の小学校・中学校・高校は、一日は必ず参加をしなければならない。と言うのがあります。

今でこそ距離の変更などがありましたが、私の頃は三日間50キロを歩ければ内申点が上がる。と言う人参ぶら下げクソイベントとかしていまして、浅ましい事この上ない根性無しが三日間50キロで登録をして、大体が途中で顔面蒼白になり、リタイヤをしていく訳です。そのスリーデーマーチで、当時は最短が10キロとなっていて、一日だけ必修の参加だけをした。と言うのは、当時の学年で280人ぐらいですかね?三年間で歩いた距離数が合計で30キロ。これに該当をした約280人中、2人のうち1人が私です。

地元の私立高校の面接とかでも聞かれましたよ。何キロ歩きました?とかね。三年間で30キロです!と答えたら面接官もびっくり。もっと歩こう。とか考えなかったの?とか、内申点がプラスされる。と言う話は聞いていたと思うけれど。とか色々と聞かれましたが、歩きだければ勝手に歩ければ良いし、内申点をわずかに足す位でしたら、残りの二日で勉強でもしてますわ。と答えた記憶があります。

と言う感じで生きていたので、公立高校の本命を受験する時にも担任から、内申点で落とされるかもしれないぞ?と言われたりもしたのですが、無事に受かりました。

何が言いたいかと言いますと、今でさえ、別段本人はやりたくもない、ただただ受かりやすくなるから。と言う理由だけで、インターンシップ制度やらがある訳ですし、上述をしているように、高校受験でさえ、内申点と言うクソみたいな制度がある上で、大学受験でも、経験を見ていこう(この場合にはボランティア活動など)。と言うのは、やめた方が良いんですよね。

大人の視点としては、子供達に面白い、これまでと違った経験をさせる機会の動機付け程度の感覚になると思いますが、子供にはそんなのもの通じません。むしろ、そんな物は基本的には一切見ません。と言う状況の中で、そしたボランティア活動をする人が大事なんですよね。

なお、私自身は毎日健康管理の1つとして毎日散歩をしていますが、大体一日で3キロちょいですかね?月間で100キロ位歩いています。

聞くと聴くの違い

89ページに書いてある事ですが、これは大いに同感です。全くのプライベートの話になるのですが、マンションに住んでいました。バカと狂人に囲まれていまして、隣がバカで夜中にハイヒールで遠慮なく歩いてカツンカツンと音を響かせて帰宅をしてくる訳です。そうすると、下の階に住んでいる狂人がハンマーで壁を叩く訳です。バカのハイヒールの音も、狂人のハンマーの衝撃も全て私が一番受け止める形になる訳です。マンションの管理組合、管理人、大家。本人に言うと角が立つので、止めておきましたが、この三つには何度も言ったのですが、結局どうなったのか?
何も解決しないで数年が経過をして、私自身は眠れなくなり自律神経をおかしくして、自己免疫疾患になり、永遠に治りません。と言う病気になり、投薬治療をして投薬治療の副作用で現在は抗うつ剤も飲むはめになっています。現在時点では騒音問題は解決をしたのですが、解決をさせたのは、完全に私がぶち切れたからです。殺す殺さないの話を出して、ようやく収束しました。

全員とは言いません。でも、大半の人は人の話をまともに聞きもしません。聴くなんて事を出来る人は稀です。騒音問題を起こした当の2人、そして何度も言っているのに、ほとんど効果的な行動を取らなかった連中も、誰一人として、私に詫びすら入れていないですよ。これが現実よ。と言う話です。ちなみに、狂人の上に私は住んでいますが、狂人の下に住んでいた人は、元々が心臓に疾患があったみたいですが、騒音問題の最中に亡くなりました。明らかに殺人だよね。

最大の壁「メンタルモデル」

共助と言う言葉は好きではないので、助け合い。と言う言葉を使いたいと思いますが、その最大の壁となっているのが、本書の中で登場をしている「メンタルモデル」ですね。これはもう無理だよね。解決する方法としては、胸ぐら掴んで、どこかに高齢者を収容して強制的に現在と昔の違いとかを教育しないと難しいと思います。私自身は婆ちゃんと同居をしていた事があるのですが、サラリーマンは五時になったら仕事が終わって帰ってくる。と信じて疑っていない世代で、親父が帰りが遅くなる。と言っても九時とかその位の時間で帰宅をしても、何かあったんじゃないか?と心配してうろたえていました。

サラリーマンが五時の定時上がりをしていた時代すら、そもそも私の年代(現在40)ですら知らないのですが、婆ちゃんは自営業だったのですが、婆ちゃんが自営業を現役でやっていた頃から、すでにそんな時代は終わっていたはずなのに、それを知らない。と言うんですよね。ちょっとうちの婆ちゃんは、ちょっとと言うか、かなり頭が悪い方だったので、皆がそのレベルだとは思いませんが、こびりついた価値観を取り除く。と言うのは、相当難しいです。
うちの婆ちゃんの場合には、本書で登場をしている高齢者よりも、少し上の世代になり、私の親位の世代がモデルケースになると思いますが、やっぱり難しいですよ。

ちょっと私自身も、インターネット関係の仕事をしていて、別に自宅でもそれ良くねー?と言う仕事を一時期受けていて、一日行って幾ら?と言う雇用形態で少しお手伝いをしていた事もあるのですが、そこだって柔軟に対応可能な訳です。ここの作業をするであれば幾ら?とか、自宅で対応とか、今はコロナでその理解も多少は進んだと思いますが、コロナの前の話ですね。

なんせ、その職場に行くだけでも交通費で1000円位掛かりますし、時間で言えば往復で2時間を超える訳ですから、私としては結構無駄が多いし、金銭的にもそこまで魅力ではない仕事だったんですよね。だから、自宅でこれをやって幾ら?とかにならんかな?みたいな話をしたのですが、そんなのは仕事ではない。とうちの親は断言したんですよね。

職場に行って、ある種、生産とかではなく、時間との交換でお金を貰うのが仕事。と言う昭和のサラリーマンの発想がこびりついているんですよね。これをやったら幾ら?と言うのは、そんなのは仕事ではない!と言ったのですが、それを言ったら、ラーメン屋とかどうするんだろうね?その考えだとラーメン屋の親父の仕事は仕事じゃないらしいよ。

本書の中では、そうした形ではなくて、右肩上がりしか知らない世代。と表現をされているのですが、今の団塊の世代の多少前後をする世代の特長としては、それまでは結構いたはずの自営業の数が大幅に減少をして、サラリーマンしかしてこなかった人の割合が急激に増えた世代でもあります。乱暴な言い方をすると、言われた事をやっていれば、それで平和に暮らせた世代ですよね。

今の世代は隙あらばリストラか言われた事をやっても、給料?上がりませんよ。税金?あげますよ。年金?あげませんよ。と言う世代になります。その年金一つを取っても、今の団塊世代とかは、どこまで理解をしているのか?大いに疑問ですよね。ちなみに、相当頭が悪い。と前述をしていた、うちの婆ちゃんですが、年金は自分が払ったものを返して貰っているだけ。と言う認識でした。お前が払った分なんて、もうとっくに無くなってるよ。と言う事を一ミリも理解しないまま死んでいきましたね。

こうした事を書いている事から、私自身も「メンタルモデル」の壁に阻まれている訳です。そこは人生の先輩達にまずはお手本を見せてください。と言う姿勢でいまして、彼らが折れてくれない限り、こっちも折れるつもりはないぜよ。と言う姿勢ですね。

難しく考えないで出来る所から始めていこう

年末年始はビジネスホテルでゆっくりと過ごしたのですが、駅前をウロチョロとする機会もありましたね。皆、意外と落し物をするんですよね。年末年始だけで3件の落し物に遭遇をしました。その3件とも、他にも目撃者がいるはずなのですが、誰も言ってあげないのね。結局、全てのケースで私が落としましたよ。と声をかけたり拾って本人に渡したりしたのですが、本書を読んだ後の事になりますので、何だかなー。と言う気持ちになりましたね。

『情けは人の為ならず』と言う言葉がありまして、今でも間違えている人が多いのですが、情けを掛けるのは人の為ではなくて、周り回って自分の為だよ。と言うのが正しい意味になるのですが、人に情けをかけるのは、その人の為にならない。と勘違いをしている人が多いんですよね。まともに読書をした事もなければ、論理的に物事を考える事が出来ない総理が長期政権を担う暗黒時代が続いたので、日本語が破壊をされ、日本の若年層の読解力も先進国の中で急落をしてしまったので、高齢者ではモラルが。若年層では理解力が落ちている。と言う恐ろしい現実の中で、助け合いを行って行かなければならないのですが、難しく考えずに、出来る事から始めていけば良いんじゃないですかね?

と言いましても、目の前の人が落し物をして、落としましたよ!と声を出す事が出来ないレベルの人が、何から出来るのか?非常に難しいかもしれません。

少なくとも、私が声を掛けさせて貰った人が、次、自分が落し物を見た瞬間に、落としましたよ!と声を掛ける事が出来るようにはなって頂きたいですね。

どう商売と繋げるか?

例えばですが、本書でも書かれている買い物代行。加えて個人的には散歩もしているので、犬の散歩の代行。これがちょっとした金銭が発生をするのであれば、私もやっても良いんですよね。障害がある方。とか、そうした人の事は別件として、障害ではないけれど、体が年齢的にもしんどい。とかそうした人は金を払ってくれても良いと思うのですが、うーん。隙あらば高齢者って現役世代を無料のボランティアで使おうとするよね。あれが全く分からない。

書道を個人的にやっていまして、その展覧会のボランティアを探している。と言う話があったのですが、その展覧会のお偉いさんは、キッチリと金を貰っているんですよね。何で日給でも良いから払おうと思わないの?シルバー派遣とかも多くなっていますが、現役世代の仕事を奪っていますからね。本当に迷惑なんですよね。

シルバー派遣については、仕事を縦軸とした場合、退職と同時に縦軸を失ってしまう。仕事とは別の趣味の仲間だったり、それこそ地域の仲良しとかの横軸を作ってこなかった人が、横軸の存在すら知らないまま、シルバー派遣で縦軸を何とか残そうとしているのかな?と思うのですが、どうなんだろう?人生、縦軸と横軸。そして横軸が多ければ多いほど、縦軸を失っても、意外と横軸が支えてくれるし、横軸が縦軸になってくれる事もあるんやで。と言う事を、もっと周知した方が良いのかな?とは思います。

色々とダラダラと書かせて頂きましたが、決して著者である伊藤幹夫さんに対して反発しているのではなく、それだけ色々と考えるきっかけを作ってくれた書籍になります。と言う事だけは最後に書いておきたいと思います。

著者である伊藤幹夫さんの関連Twitterや動画

これね、私のツイートに反応をして頂けたのですが、Twitterで返信をするには文字数が足りなかったので、返信出来ませんでした。これは本当に悪意はなく、本当に自分になりに色々と考えては消化をして。と言うのを繰り返して、その結果、自分でも良く分からなくなった。と言うのがあるのですが、とにかく真面目には考えてみた。と言う事だけは理解をして頂ければと思います。

こちらは固定をされているツイートになります。まー、機会があればね、皆読んでみて、自分なりに考えてみようぜ!と言う話ですね。

伊藤幹夫さんの動画チャンネル

2017第2回いきいきサロンバス旅行

こちらは、実際に行われている活動になります。色々なことをやっているんだな。と思いますが、成田山の参道にある鉄砲漬の老舗。私の大学の先輩のお店でございます。また成田の参道に行ってみたいな。

新しい地域ネットワークの教科書を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください