インドネシア大虐殺-二つのクーデターと史上最大級の惨劇(お薦め度強度!)

インドネシア大虐殺-二つのクーデターと史上最大級の惨劇

インドネシア大虐殺-二つのクーデターと史上最大級の惨劇

内容(「BOOK」データベースより)
一九六〇年代後半、インドネシアで二度のクーデターが起こった。事件発生の日付から、前者は九・三〇事件、後者は三・一一政変と呼ばれる。この一連の事件が原因となって、独立の英雄スカルノは失脚し、反共の軍人スハルトが全権を掌握する。権力闘争の裏で、二〇〇万人とも言われる市民が巻き添えとなり、残酷な手口で殺戮された。本書は、いまだ多くの謎が残る虐殺の真相に、長年に及ぶ現地調査と最新資料から迫る。
著者について
倉沢愛子
1946年生まれ. 東京大学大学院修了. コーネル大学大学院ならびに東京大学にて博士号(ともにインドネシア史). 名古屋大学教授を経て慶應義塾大学教授, その後名誉教授. インドネシア社会史. 著書『日本占領下のジャワ農村の変容』(草思社, 1992, サントリー学芸賞受賞) 『20年目のインドネシア』(草思社, 1994) 『ジャカルタ路地裏フィールドノート』(中央公論新社, 2001) 『「大東亜」戦争を知っていますか』(講談社現代新書, 2002) 『9・30 世界を震撼させた日』(岩波書店, 2014)など
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
倉沢/愛子
1946年生まれ。東京大学大学院修了。コーネル大学大学院ならびに東京大学にて博士号(ともにインドネシア研究)。摂南大学、名古屋大学教授を経て慶應義塾大学教授、その後名誉教授。専門はインドネシア社会史。著書『日本占領下のジャワ農村の変容』(草思社、1992、サントリー学芸賞受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

インドネシアで大虐殺があったとな?

戦後の虐殺と言えば、天安門事件・ポルポトが代表をされるように、左派勢力が行ったもの。と言うのが多くの人の認識になると思いますが、右派勢力も行っていた。そして、その事はほとんどの人が知らないまま、時間が過ぎていた。と言うのがまずは衝撃ですね。

個人的には生まれがインドネシアになりますので、愛着はありますし、実際に小学生と大人になってからの合計で2回ほど訪れた事もありますが、いかんせん、部族が多い国になりますし、それぞれの部族の言語も違う。ただし、小学生の国語の時間にジャワ言語(一般的なマレー語)を覚えるので、国民同士の会話は問題ない。と言う形になっている国ですね。

一度、インドネシアの歴史についても、勉強をしてみたいなと思っていたのですが、タイやマレーシアほど、インドネシアはせいぜいバリ島が有名な位で、興味のレベルも低い国になるので、そうした歴史が体系的に学べる書籍は、見た記憶がないですね。

本書についても、日本が撤退をして、オランダが再度上陸をしてきて、カストロが独立を勝ち取っているシーン辺りから始まりますので、近現代のみのインドネシアから始まっていますので、総括的なインドネシアの歴史。と言う内容ではありません。

また、当時の世界情勢を、それなり以上に理解をしておかない事には、読解をしていくのも困難な形に多少はなってしまいます。

この本に興味を持っている人であれば、最低限のレベルは充分に備わっているケースが大半だとは思いますが、若い子に限らず、東西冷戦そのものを知らない方も多いでしょうからね。

発端となった軍人殺害の事件についても知らなかったのですが、それを主導したのは誰か?それが未だにはっきりとは判明をしていない部分が多い事件となっています。現実的には一部のKPI(インドネシアの共産党)の人も絡んでいるらしい。と言うのもあったはみたいなのですが、それを口実にして、絶対に関係がないであろう地方のKPIの人間も続々と逮捕をされていき、死刑となっていく。もはや、レッドパージ所の話ではない話を読む事が出来ました。

インドネシアは島国になりますので、開発自体が難しい側面もあるのですが、この時のKPIの大量の逮捕が、その後の発展を大きく阻害をしているのは、個人的には間違いないと思います。

本書の中にも書かれているのですが、共産党員については思想的な事は一旦おいておいて、頭が良いのは基本的には間違いないんですよね。それは日本を見ても分かりますね。インドネシアの場合にも教職の人が多くて、この事件の後、捕まって殺害をされる事を恐れて、学校によっては8割以上の教員が失踪をしてしまったりしたみたいです。

こんなのは正常な状況ではない訳でして、教育がこの事件をきっかけにして大幅に遅れたのは間違いないでしょうね。

これは、自分の中で、もうちょっと他の側面を勉強してから、再度読まないといけない本だな。と直感的に思いましたので、もう少し年数を重ねてから、もう一度読んでみたいと思います。中央公論の書籍は、一定以上のレベルが担保をされていて、信用出来る出版社になりますね。

この書籍に関連をしている内容の映画として、『アクト・オブ・キリング』があります。それに関連をした記事などもありますので、下に掲載をしておきたいと思います。

アクト・オブ・キリング《オリジナル全長版》

こちらは、まだ見ていないのですが、必ず見たいと思います。そして見たら、取りあえず感想を書きたいと思いますが、虐殺に関わった人達は、今も普通に暮らしています。勿論、中には罪悪感を感じている人達も多いと思いますが、共産党が悪いんだろう?俺は国を守る為にやったんだぜ。と言う意識の方もいるとは思いますが。

いずれにしても、早く見ておかないとですね。バナーはアマゾンプライムへのリンク先になります。

インドネシア大虐殺の購入先

こちらは購入先になりますが、電子書籍にはなっていないみたいです。急ぎで読みたい方は近所の書店に足を運んでみて下さい。記事作成時点では新作になりますので、店頭に並んでいると思います。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください