自動車会社が消える日

自動車会社が消える日

自動車会社が消える日

内容紹介

いま自動車産業では100年に一度のパラダイムシフトが進んでいる!
生き残る会社はどこだ?

クルマの「スマホ化」が進み、EV(電気自動車)、自動運転車の開発にはIT企業や新興企業が相次いで参入。技術力をつけた巨大部品メーカーも台頭している。
トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、VWは、この大変革にどう立ち向かうのか。

〈第1章 スマホ化するクルマ〉
「鉄の塊」ではなく「ソフトウェアの塊」となったクルマ。海外ではプラットフォームの座をめぐる争いが始まっている。
〈第2章 バーチャル・エンジニアリングという脅威〉
ユーザーには見えない開発・製造プロセスもデジタル化で変わり、日本の強みである「匠の技」が弱点に?
〈第3章 合従連衡 2000万台の攻防〉
開発コストの増大にともない中途半端な規模のメーカーは厳しい。スケールメリットと新技術を目当てに世界ではM&Aが加速する。
〈第4章 トヨタ自動車 巨人の憂鬱〉
環境の変化に合わせて先端事業の強化、系列再編、異業種との提携など矢継ぎ早に手を打つが……。「トヨタの敵はトヨタ」なのか。
〈第5章 VW 史上最大の改革〉
ディーゼル不正問題を機に改革へ乗り出した日本車の最強ライバル。社内では「我々が車を作る必要性があるのか」という議論が。
〈第6章 日産 ゴーンが抱く世界一という野望〉
ひと足はやくEV戦略を展開し、三菱自の買収を皮切りにM&Aにも意欲的。その活力を探ると「ダイバーシティ」に行きあたった。
〈第7章 ホンダ ソフトバンクに刺激されるDNA〉
迫りくる「規模の危機」を前に、自前主義を捨ててオープンイノベーション戦略を打ち出した。創業者が持っていた起業家スピリッツは蘇るか。
〈第8章 マツダ 危機こそが革新を生む〉
いち早く最先端の手法を導入して経営危機から復活。そのプロセスには日本の製造業が学ぶべきテーマが詰まっている。

内容(「BOOK」データベースより)

産業界の頂点に君臨する自動車産業で、100年に一度のパラダイムシフトが進んでいる。EV、自動運転車の開発は既存メーカーの手に負えず、IT企業や新興企業の参入が相次ぎ、技術力をつけた巨大部品メーカーも台頭。トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、VWは、この大変革に、どう立ち向かおうとしているのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井上/久男
経済ジャーナリスト。1964年、兵庫県生まれ。九州大学卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社へ入社。名古屋、東京、大阪の経済部で自動車や電機産業などを担当。2004年に独立。ビジネス分野に加え人材育成、農業や大学経営なども取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

車に興味がないのを忘れていました

最終的には家電量販店で車が売られるようになると思うよ。と言う感じの事を10年以上前に証券系の人からも聞いた事がありますが、どうなんでしょうね。田舎暮らしが普及をするか、人口的に田舎暮らしを法律で禁止して、都心部に強制移住させるか?そうしないと人口維持も無理な状態で社会インフラを維持させるのは難しいでしょう。都心部に人口を集中させれば、車はどちらかと言えば非効率な乗り物となりますので、益々国内では売れなくなるでしょうしね。

何となく、気になるタイトル。と言う事で購入をしたのですが、良く良く考えてみると、車に特に興味がなかったですし、文系人間としては、エンジンの性能などはも全く興味がないですかね。そりゃ、地球環境に良い方が良いのではないか?とも思いますが、地球環境問題に関しては、どうにも怪しいメーカーの為の買い替えキャンペーンも行われるので、自分としてはあまり信用できない話も多いですからね。

作品の中でも、車を移動手段の1つとしている若い層が増えている。と言う事も書かれていますが、私自身もまさにそうなります。車で自己表現とか、正直意味が分からないレベルです。年配の人と話をする時に、多少の知識は欲しいよね。と言う事で、気持ちを切り替えて読んでみたのですが、マツダが凄いらしい。そうした事が書かれていて、読み終わった後にたまたまマツダのテレビCMを見たのですが、なるほどね。確かにそうしたターゲットに訴求をしている内容で、自分の中でしっくりときました。ただし、自分としてはまるで興味が沸かないです。

自分が車を購入するとしたら、そりゃ、もう光岡自動車しか選択肢はない訳です。だって、滅茶苦茶格好良いじゃないですか?エンジンとかそうした部品を自社で作っていない会社らしいのですが、文系人間からしてみたら、エンジンとかどうでも良くて、高い金を出して、別に生活に必要のない車を買うなら、格好良い方が良いに決まってる。と言う位の気持ちです。車に興味がある人は読んでみたら良いのかな?と思います。

自動車会社が消える日(eBookJapan)


自動車会社が消える日 (文春新書)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください