トイ・ストーリー4は泣けた(ネタばれ有り)

トイ・ストーリー4は泣けた

トイ・ストーリー4は泣けた

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。ボー・ピープが「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場を果たすほか、物語の鍵を握るフォーキー、ふわもふコンビのダッキー&バニー、かわいいアンティークのおもちゃギャビー・ギャビーなど新キャラクターたちも続々と登場。数々のピクサー作品でストーリーボードアーティストを担当し、「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加したジョシュ・クーリーが長編初監督を務める。

引用:映画.com

宣伝がひどい

トイ・ストーリーです。率直に言って、ちゃんと見た事がありませんでしたが、今回の4のCMを見て、ひどいと思いました。だって、3まで劇場で金を払って見ている人も多いだろうに、『君はまだ、本当のトイ・ストーリーを知らない。』ですよ?これ、本気で言っているなら、作り手が悪いよね。3まで公開をしておいて、本当のトイ・ストーリーを見せていなかった。と言う事ですからね?

うぬ!ピクサーめ、けしからん奴らだ。所詮、毛頭なんざ、商売の為なら仁義にも反する行為を平然とやりやがる!なんて所までは思っていなかったのですが、取りあえず、興味のアンテナがたちました。そして、劇場公開記念で3がテレビでやっていて、ちょっと見たのですが、面白いじゃない!と言う事で4を見てきました。

以下はネタばれになりますので、劇場で楽しみたい人は見ないで下さい。

ウッディ、野良オモチャになる

見出し通りになるのですが、どう考えても、ウッディの方を大切にした方が良いのではないか?と思えるのですが、ボニーちゃん、自分で作ったガラクタみたいなキャラクターにご執心で、ウッディの存在自体を忘れている感じで、色々とありまして、最終的には、ウッディ、野良に帰りました。

この記事を作る為に、検索をしてみた所、

『トイ・ストーリー4』なぜファンが戸惑う内容になったのか? 作り手のメッセージから読み解く

なんて、記事がありました。だろうね。自分は上に書いているように、これまでのシリーズの熱心なファンではないので、うわーお!主人公のウッディが野生のオモチャのなるん?かっこいーー!と言う程度ですが、これまでの熱心なファンから見れば、嘘でしょう?と言う展開にも思えると思います。

ウッディ、野良オモチャになる

最後の方の、クラシック人形が、迷子の女の子と友達になったシーンで、泣いてしまいました。40近いおっさん、良かった。。と言う気持ちで泣いてしまいました。勿論、一番格好いいキャラクターは、デューク・カブーンです。

で、どうなんでしょうね?これで完結かな?野生のオモチャになったウッディが果たしてカムバックをするのでしょうか?

個人的には面白かった。勿論、ソロ活動で行きましたが、いけるいける。40近いおっさん処か、前には車椅子になっている、お爺ちゃんもいました。ほっこりするんだよね。良い作品でした。

トイ・ストーリー4|映画|ディズニー公式

U-NEXT<ユーネクスト>(映画LP)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください