鬼神童子ZENKI(漫画全巻読んだ)

鬼神童子ZENKI(漫画全巻読んだ)

鬼神童子ZENKI(漫画全巻読んだ)

小学生、中学生にかけてですかね。月間少年ジャンプで連載をされていた作品となるのが『鬼神童子ZENKI』です。月間少年ジャンプからアニメ化をされた貴重な作品で、月間少年ジャンプを購入していた自分としては、ちょっと知っているぜ。と言う感を出せて良かったです。

黒岩よしひろ先生に感謝

あまり知られていないかもしれませんが、作者の黒岩先生は、少し前になりますが、亡くなってしまいました。ご冥福をお祈り申し上げます。その事を知りまして、改めて読んでみよう。と思っていたのですが、残念ながら電子書籍化をされていなかったので、古本で購入。全巻を読んでみました。

ストーリー自体は単純でシンプル

陰陽師と言う設定の女子高生が、最強の鬼。と言われていた前鬼を駆使して、悪い化け物と戦っていく。と言う単純なストーリーになるのですが、悪い化け物は人間がベースになっている。と言う点ですかね。ただ、大した事はないです。

それよりも見所としては、やはりちょいちょい発生をするパンチラだったのではないでしょうか?少年心に程良いエロスを提供してくれる漫画として、非常に楽しみにしていました。勿論、絵柄も含めて格好良いですし、当時は好きな漫画の一つですしたが、いかんせん、随分前の作品になりますので、記憶にはなかったのですが、全巻まとめて読めば、へー、ちゃんとした漫画なんだな。と思えます。

当たり前ですけどね。

ちょっと面白かったワンシーン

鬼神童子ZENKI(服も全部含めて、前鬼)

鬼神童子ZENKI(服も全部含めて、前鬼)

この後、洗濯機に放り込まれるのですが、服も含めて体になるらしいです。へー。大変だな。と言う感じになるのですが、性別がないんかい?と生物学に疑問を感じさせてくれますね。

鬼神童子ZENKI(宇宙空間でも戦える)

鬼神童子ZENKI(宇宙空間でも戦える)

こちら、元上司みたいな敵と戦った時のシーンになりますが、勢い余って、宇宙空間でのバトルを見せてくれていました。すげー!

バトルシーンも迫力がありまして、面白かったですよ。

最終回とかは、どうしたの?と言う雰囲気の駆け足をしたような状態で終わりとなってしまっていたのですが、アニメ化もされてノリノリの時には、結構面白い内容でした。最後は打ち切られてしまったのでしょうかね?アニメ化されていて、そちらのオープニング曲は自分の中では有名なので、知っている人も多いかと思います。

マニアの方であれば、旧単行本がグッド

マニアの方であれば、タイムリーな形になるので、旧単行本がお勧めです。アニメ化が決定をされた事に対しての、黒岩先生の喜びのコメントであったり、声優さん達の座談会など、色々と単行本のおまけとして掲載をされていました。

女子高生の役小明って、声優さんは横山智佐さんだったんですね。今の声優さんとは、全く知らないのですが、横山智佐さんはね、ジャンプ放送局に出ていたから知っています。ヴァサラシリーズが一番面白いですかね。

黒岩よしひろ先生の他の作品

黒岩よしひろ先生の他の作品1

黒岩よしひろ先生の他の作品1

黒岩よしひろ先生の他の作品2

黒岩よしひろ先生の他の作品2

下にもリンクをしているのですが、黒岩先生の作品って、『鬼神童子ZENKI』が一番人気があったんじゃないの?他の作品は電子書籍化をされているのですが、何故か『鬼神童子ZENKI』はまだでした。取りあえず、全巻読んで満足をしましたし、アニメのオープニング曲は今でも時々聞いています。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください