風飛び一斗

風飛び(ぶっとび)一斗

風飛び(ぶっとび)一斗

『かっとび一斗』が中学生編で高校生編がこちらの『風飛び一斗』になります。『かっとび一斗』の方でも書きましたが、月間少年ジャンプの終了に伴い、未完と言う形で作品が終了をしてしまうのですが、足かけ24年間読んできた読者にとって、これ以上のガッカリ感はないですね。インターハイでは優勝候補のチームとPK戦の末に敗北をしてしまい、冬の選手権でリベンジを掲げて1回戦を勝つシーンで終わってしまいます。

しかも、主人公の香取が居た東京であったり、『かっとび一斗』では最大のライバルとして登場をした選手が出始めた段階での終了となっているので、残念感はひときわ大きく感じますね。

所で、『かっとび一斗』では舞台は西東京でしたが、『風飛び一斗』では埼玉が舞台となっています。個人的には埼玉県人なので、熊谷・大宮・所沢と言った、馴染みのある地名が出てくるので、読んでいて、別の意味でもワクワクしますね。

『かっとび一斗』では幼馴染の由良一馬とのコンビ中心でしたが、『風飛び一斗』では同学年の下宿組としてキック力は日本トップレベルの選手と、テクニックはあるけど、守備はまるでやる気がないハーフとのトリオでのプレイ中心となっているので、プレイの幅が増えています。個人的には下宿組ではなく、途中から入部してきた、千葉からタレ金(垂れ目の金髪)が好きでした。こちらの選手はシュートコントロール・ドリブルはトップレベルの選手なのですが、止まっているボールじゃないとシュートが出来ない。と言う選手です。

登場するキャラクターの多くが一癖も二癖もある選手ばかりで、相変わらずのハチャメチャなサッカーと言う感じですが、やはり個人的にはサッカー漫画の中でもトップレベルで好きな作品です。何とか連載を再開してくれる日が来てくれる事を願ってやまない作品ですね。

かっとび一斗


風飛び(ぶっとび)一斗 コミック 1-26巻セット

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください