アド・アストラ ─スキピオとハンニバル─

アド・アストラ ─スキピオとハンニバル─

アド・アストラ ─スキピオとハンニバル─

内容紹介

紀元前3世紀、台頭著しい共和政ローマを恐怖の底に突き落とした男がいた。ハンニバル・バルカ── ローマ史上最大の敵となった怪物と、彼からローマを守った英雄プブリウス・コルネリウス・スキピオ。同時代を生きた二人の戦いが、今幕を開ける!!

まずは朗報

1巻から3巻まで、無料で読む事が出来ます。確認をしたサイトはBookLiveになります。無料なんだから、読めば良くない位の気持ちなのですが、無料配信をされているのが、いつまでなのか?ごめんなさい。この点については、確認をする事ができませんでした。

パソコン環境で見ている人の場合には、当サイト内の下にある、BookLiveの公式サイトへ移動をして頂き、そこから『毎週追加!無料作品コーナー』を見て頂ければ出てきます。もしくは、BookLiveの公式サイト内にて『カガノミハチ』と言う、作者名で検索をしても、作品が出てきます。

突然の終了

こう書いてしまうと、打ち切り?と思われてしまいますが、そうではありません。連載をされていたのは、ウルトラジャンプになるのですが、基本的には読んでいない雑誌になります。個人的には、単行本のみで楽しんでいたのですが、さー、新刊が出たから買うか!と思って、購入をして見た所、帯に最終巻と書かれていて、おう?終わったの?と軽く衝撃を受けました。

内容的にはタイトルでは分かりにくいのですが、ハンニバルです。スキピオも出てくるのですが、どちらかと言えば、ハンニバルの方が知名度が高いと思いますが、一応書いておきますが、羊たちの沈黙のハンニバル・レクター博士の話ではないですよ。

古代ローマ時代の、歴史的には初めての包囲殲滅戦ではなかろうか?と言われている、カルタゴの英雄・ハンニバルの話です。主人公はスキピオですね。この辺りの時代の漫画って、記憶の限りでは少ないです。だからこそ、思わず手にとっては購読を始めたのですが、終わったかー。と言う感じですかね。でも、お陰で、何となくこの時代の古代ローマとハンニバルの戦いについて、何となく分かりました。

最終巻の巻末にて、作者の言葉が書かれており、正直あまり売れている単行本ではなかった。とか書かれていて、あれ?俺の中ではそこそこ売れているはず。と思っていたのですが、そう言えばコンビニでは見かけた事がなかったですね。全巻新品で購入をしましたので、作者の『カガノミハチ』は私に敬礼をお願い致します。私も良くぞ頑張って書いてくれた!と敬礼をさせて頂きます。

前述をしているように、ハンニバルを扱った漫画自体が少ないんですよね。だから他に代えがたい作品となります。漫画ではなく、ちゃんとした書籍で読みたい気持ちもあるのですが、知名も人名も全部がカタカナって、正直しんどいんですよね。ハンニバルが戦術家だと言う事は知っていたのですが、戦争に負けた後に、政治家に転身をしていたんですね。この辺り、全く知りませんでした。

根本的につまらないと思っている漫画については、購入をする事がないので、当たり前の話ですが、個人的には、結構オススメです。取り合えず、上に書いている通り、無料で3巻まで読めるチャンスになりますので、まずは無料で読んでみて下さい。

『アド・アストラ』のAmazonでの検索結果

BookLiveで読めます!

こちらの作品はBookLiveと言う電子書籍サイトで読む事が可能です。初回入会の際に、半額クーポンを貰えたりします。また電子書籍に慣れていない人でも入会前に試し読み機能を使う事は可能となりますので、取り合えず、サクッと自分にマッチをしているかどうかを試してみるのが良いと思います。

Bookliveは便利だね

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください