ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界

ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界

ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界

もし手塚治虫が存命で漫画を描き続けていたら、どんな漫画を描くのだろうか?そんな疑問に答えるべく、手塚プロダクションとキオクシア(旧・東芝メモリ)が「TEZUKA2020」というプロジェクトを立ち上げました。AI(人工知能)技術を駆使して手塚治虫の新作漫画を生み出すプロジェクトです。漫画にはストーリーと絵の2つの要素があります。「TEZUKA2020」では、莫大な量の手塚作品のストーリーとキャラクターを抽出してAIに読み込ませて、試行錯誤を繰り返しながら、世界初のAIが制作にかかわった漫画を創り上げました。本書では、その詳しい制作過程を紹介するとともに、できあがった作品「ぱいどん」を掲載します。他に手塚治虫がおよそ40年前に描いたAI関連作品「サスピション」の「ハエたたき」も収録。

手塚のAIかは微妙?

なんか、聞いた事がある。と思ったら、タイトルはソクラテスの書籍の登場人物からになります。二話で簡潔の割には良い用紙を使って、作品が作られる過程の説明を増やして、お値段1000円です。となりまして、漫画として読む分にはたけーぞ!この野郎!と思いましたね。

AIが手塚の作品を学習して新作を作った!と言う事で話題になったのですが、説明とかを見ると、かなり人の手が入っていますね。物語の大枠の設定をして、はい!AIちゃん、宜しく!と言う形でサラッと出来た作品では、どうやらないみたいです。

前半部分についてはモーニングで読んでいたのですが、いつの間にか後半が出ていて書籍化をされていましたね。落ちがどうなるか?分からないままでしたので、読めてすっきりとしました。その後には特別収録と言う形で、手塚先生が書いた作品のハエたたきと言う作品が収録をされています。

終わり方が中々にエグイ形となっていて、もしかしたら、将来こうした形での事件も起こるかもしれませんね。と言う単独作品となります。こうした短編作品をバンバン書く事が出来た手塚先生はやはり偉大でしたね。息子さんも、すっかりと親父さんと間違える位のレベルに似ている顔になっていました。タイガーブックスか何かで、手塚先生が家族の事を書いていて、へー、息子と娘がいたんだ。と思いましたが、今はそっくりな顔になってます。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください