畠山重忠(畑やわら編著)

畠山重忠(畑やわら編著)

畠山重忠(畑やわら編著)

畠山重忠の周辺が列挙をされている良書

著者である、畑やらわさんですが、名義を畑和とした場合には、年配の埼玉県民の方であれば分かるかもしれません。元埼玉県知事の方になります。

出版をされてから40年以上が経過をしている書籍になるのですが、気に入っている郷土関係の書籍がある古本屋さんに置いてあり、保存状態が極めて良好でしたので、まさかそんなに古い本だとは思いませんだした。著者の方も存じていなくて、何年生まれなんだろう?と最後のページを見た所、少し上の方。と思ったのですが、良く見たら昭和ではなく明治生まれの方でしたね。

内容としては畠山重忠の誕生から源頼朝に仕えた時代。そして晩年の最後を迎える経緯が書かれている内容となります。正直に言えば、この位の内容でしたら、他の畠山重忠関連の書籍にも書かれているのかもしれませんが、同等な内容がコンパクトに収録をされています。

また、出版当時であれば、特段貴重でもなかったかもしれませんが、当時の昭和の情景がモノクロ写真で収録をされています。およそ40年前の時点での昭和の写真については、意外と貴重かな?と思います。恐らくは今は風景も大仏変わっていますからね。

当時、500円で出版をされた書籍になるのですが、ヤフオクでは10倍近い金額で出品をされていますね。それでも数千円の世界になりますので、大事に保存をしておいて、どこかのタイミングで次に継承をしていきたいですね。

紹介をしようにも、どこにも一般販売をされていない書籍になりますが、今後はもしかしたら、こうしたマニアックな書籍が増えていくかもしれません。取りあえず、畑やわらさんの作詞した畠山重忠節のリンクを下に掲載しておきます。

畠山重忠 – 埼玉県立嵐山史跡の博物館

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください