金田一37歳の事件簿 1巻

金田一37歳の事件簿 1巻

金田一37歳の事件簿 1巻

数々の難事件を解決した天才高校生・金田一一(きんだいちはじめ)は、37歳のオッサンになっていた。PR会社で働く金田一は、上司の命令で離島リゾートのイベントを担当することに。なんとその島は、3度も殺人事件が起きた”オペラ座館”のあった歌島だった!「もう謎は解きたくない」と思っている金田一は、何も起きないことを祈りつつ上陸。しかし、そんな彼を嘲笑うかのように歌島にファントムの笑い声が響くのだったーー。

帰ってきた金田一!

いつの間にか、とっくに自分の方が年上になっていたのですが、作品では再び自分よりも年上になっていました。肩書きとしては主任です。

もう事件は解きたくないんだ。と言う台詞が今回の決め台詞みたいになっていますね。確かに高校生であれば許された事も大人になると許されないですからね。その辺りが妙にリアルに描かれていて面白かったですよ。

読んだ中で言えば、金田一が旅行代理店で働いているのですが、ツアーで殺人事件が発生。客の中に犯人がいるとは思いますが、あくまでも客になりますので、この中に犯人がいる!とか言われたら、無関係の客からしてみたら、はー?となりますよね。しかも相手はサービスを受けている会社の人間ですから、責任問題になりかねないですからね。

まだ単行本の中では美雪ちゃんが登場をしていないのですが、流石に覚えている、その外のキャラクターとなる、明智さんや剣持のおっさんも登場をしています。その外、同級生もチラッと登場となっています。高校生時代の仲間と今でも繋がりがある。と言うのは、結構珍しい気がしますね。

こちらは外伝と違っていて、本家の正当な続編となっています。最近は益々昔人気作品だった続編物が復活となっていますが、功罪はありますが、個人的には良いと思います。

金田一37歳の事件簿(1)(eBookJapan)


金田一37歳の事件簿(1)(アマゾン)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください