メアリと魔女の花を見たよ!

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花

解説

『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。

あらすじ

無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。

見た感想

と言う事で、映画『メアリと魔女の花』をちょっとした事がきっかけで見てきました。映画自体はたくさん見ていますので、特にサイト内で取り上げる予定はなかったのですが、映画館で見た際には、もしかしたら今後も取り上げる事があるかも。と言う感じになりますかね。

取り合えず、ジブリじゃないの?と言う事が見終わった後のスタッフロールで流れた時に驚きました。スタジオノボックって何?と言う人も多いと思いますが、監督となる米林宏昌さんが現在所属をしている事務所になるみたいです。規模としてはこじんまりとした事務所らしく、結局映画を作る。と言うレベルになった場合には、他のアニメーション会社に協力をしてもらう必要が発生するみたいです。そこで協力をしてもらったのがジブリになるので、ジブリ制作のイメージが自分の中でついてしまっているのかもしれませんが、あくまでも主体として上になるのは、スタジオノボック。と言う事ですね。

米林監督のジブリ時代の作品としては、『借りぐらしのアリエッティ』と『思い出のマーニー』がありますね。個人的にはどちらも見ています。結局ジブリ作品って、映画館で見なくても、どこかで見る事になる率と言うのが凄く高い気がしますね。両方ともそれなりに面白かったと記憶をしていますが、個人的には『思い出のマーニー』の方が良かったと思います。

映画館で見る時って、どれだけ周りにお客さんがいるか?と言う点で、どうしても見終わった後の印象。と言うのが変わりますよね。前後左右を多少なりとも気にしながら見る事になると、どうしても体の態勢も窮屈になりがちで、体のストレスが気持ちのストレスにも繋がってしまい、悪い方に気持ちが行ってしまうのですが、今作の『メアリと魔女の花』を見た際の映画館の込み具合としては、自分達以外には、お客さんが誰も居ませんでした。中途半端な時間に見に行った事が原因なのかもしれませんが、上映時間ギリギリに駆け込みで入ったので、映画館のスタッフの人は、あ!来ちゃった!じゃあ、放送をしないと。面倒臭いなー。なんて思っていたのかもしれませんが、取り合えず気持ちの上では、誰にも遠慮をする事がなく、グダッとした姿勢でリラックスをした状態で見れたので、結構楽しめました。

細かい設定の話などを書いてしまうと、まだ見ていない人の楽しみを奪ってしまう事になりますので、細かい点については省きますが、最後の方で、設定として、あれ?と思うシーンもなくはなかったのですが、細かい点を追求する作品ではないです。なんせ、魔法が出てくる世界になりますからね。子供向け作品と言えば、それまでですが、リラックスして楽しめる映画。と言う感じです。

個人的には、映画館に足を運んだのは、「君の名は。」を見て以来ですね。こちらの作品の方が、対象年齢としても上になります。今作の『メアリと魔女の花』とは全く関係ないのですが、見る前は凄く馬鹿にしていたのですが、実際に見てみると、普通に面白い作品で売れている理由が良く分かりました。DVDやブルーレイの方も大ヒットをしているみたいですね。下の画像で言えば、上が限定商品なので高額ですが下の画像をクリックして頂くレンタルになり、500円で、すぐに見る事が出来ます。


メアリと魔女の花の関連サイト

メアリと魔女の花の動画

メアリと魔女の花のDVDが出ましてね。

こちらのページの記事自体は映画で公開をされていた際に書いたものとなっていて、かつ別ドメインで掲載をしていました。内容自体を修正していませんので、こちらのサイトにアップ後にすぐに読まれた方は違和感を感じたかもしれません。取り合えず、作品のDVDがもうすでに販売をされていたりしましたので、こちらだけ、加筆修正と言う形になります。


メアリと魔女の花 2017(アマゾン)

映画見るのに良いサイト

月額1990円で、大量の映画を楽しむ事が出来るサービスがU-nextになります。昔であれば、Wowowみたいな感じですかね?Wowowは今でもありますが、U-nextはマルチデバイス対応となっていて、IDも4つまで発行可能となっていますので、家族で楽しむ事も可能です。31日の無料体験も可能となっていますので、お気軽にどうぞ。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください