テネット(映画)の感想

テネット(映画)の感想

テネット(映画) 画像引用:映画.com

正気か?クリストファー・ノーラン?

かつて、ここまで観客を置いてけぼりにしていた映画があっただろうか?しかも、理解出来たときには、あ!そう言う事だったのか!?と思わせる作りになっているから、なおの事たちが悪い。かつて観客を置いてけぼりにした映画はそれなりにあったのでしょうか?どこをどう見ても理解が出来ない作品となっているので、単なる監督の力量不足だったかと思いますが、この作品は違う。

取りあえず1回みただけの感想となりますが、一発で全てを理解するのは無理だと思います。

何度も映画館に足を運んで、同じ作品を繰り返し見る猛者がいるにはいるのでしょうが、一般的なライトなファンに対しては、この映画は見るべきではない作品だと思います。

DVDなりで販売をされてから、繰り返して見るタイプの作品となっていて、そうした意味では、DVDの販売数については、かなりの数が見込める予感もありますね。

1回見た限りの感想としては、面白い雰囲気もヒシヒシと伝わってきますし、あー、それはそう言う事だったのか?と思える箇所もあったりしたのですが、全てはやはり無理でした。終盤に伏線の回収箇所がいくつも発生をしていくのですが、自分の中で意味が分かり、無事に回収をする事が出来たのは全体の半分にも満たないですかね。

初めから配信限定サービスでレンタルは無し。とかであれば、中毒者が続出した可能性の高い作品だったのですが、これを映画館で上映をさせたクリストファー・ノーランの正気を疑いますかね。

面白いと思いますが、1回だけの視聴を予定している方には向いていない作品。要するに、かなりマニアックな作品となっているんですね。

もう、すでに色々と考察サイトなども立ち上がっていて、あー、あれそう言う事だったんだ。と理解が出来て、良かった良かったとなるのですが、自分で発見をする事が出来なかった悔しさが残るので、DVDなりでの販売を個人的には待ちたいと思います。

個人的には、美人妻役として登場をしている、キャットのパンチラシーンを必死で目で追う事にかなりの意識的なリソースは割いたのですが、残念ながら確認をする事が出来ませんでした。無念であります。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください