お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する

続々重版、15万部突破!

「死なないこと、楽しむこと、世界を知ること、ジムの言葉だ。本書は、マネーを巡る哲学書でもある」――村上龍
「『逆張り』投資家の真骨頂! 」――橘玲

ワールドビジネスサテライト、朝日新聞、日経新聞、プレジデント、東洋経済ほかで紹介、話題の1冊

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ。
ソロスと設立した「クォンタム・ファンド」は、10年で2400パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説となった。
本書は、そんな「投資の神さま」ジム・ロジャーズが、日本の読者に向けて特別に語り下ろした1冊である。

伝説の投資家の目に、日本と東アジア経済の未来はどう映るのか。じつは、本書の取材を敢行した2018年夏の時点で、ロジャーズは「日米マーケットの好景気はうわべだけ。近いうちに破綻が訪れる」と断言していた。
2018年12月末に、その予言はある意味現実となった。「リーマンショック級」の株安が日米のマーケットを襲ったのだ。
その後も市場の不安定さは続き、世界経済の減速が懸念されている。

ロジャーズはほかにも、リーマンショック、中国の台頭、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、これまで数多くの「予言」を的中させてきた。
名門イエール大学、オックスフォード大学で歴史学を修めたロジャーズは、「私の投資の背骨には歴史がある」と述べる。歴史から大きな「お金の流れ」を掴むことで、数々の予測を的中させてきたというのだ。
このあと、お金の流れはどう動くのか?本書では、世界史を参照しつつ、短期・長期両方の視点から、日中韓の将来を鮮やかに論じる。
日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱……「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。

序章 風はアジアから吹いている――ただし、その風には「強弱」がある
第1章 大いなる可能性を秘めた日本
第2章 朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる
第3章 中国――世界の覇権国に最も近い国
第4章 アジアを取り囲む大国たち――アメリカ・ロシア・インド
第5章 大変化の波に乗り遅れるな
第6章 未来のお金と経済の形
内容(「BOOK」データベースより)
ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称される著者。彼はこれまで、その独自の投資眼からリーマンショック、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、数多くの「予言」を的中させてきた。そんな伝説の投資家は、日本と東アジア経済の未来をどう見るのか。「5年後、アジアで1番幸せな国はどこか?」をテーマに、日中韓の将来を「お金の流れ」から鮮やかに読みとく。日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱…「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。

著者について
投資家、ロジャーズホールディングス会長

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロジャーズ,ジム
名門イエール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街へ。ジョージ・ソロスと共にクォンタム・ファンドを設立、10年で4200パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説に。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論の教授を一時期務め、またテレビやラジオのコメンテーターとして世界中で活躍していた。2007年、来るアジアの世紀を見越して家族でシンガポールに移住

大野/和基
1955年、兵庫県生まれ。大阪府立北野高校、東京外国語大学英米学科卒業。1979~97年在米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、国際情勢の裏側、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行なう。1997年に帰国後も取材のため、頻繁に渡航。アメリカの最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

全然面白くはない

ずっと気にはなっていたのですが、絶対に面白くはないだろうな。と思っていて、静観をしていたのですが、入院で手持ち無沙汰になりそうだったので、ついに購入をしてしまいました。結論として、最初に書いてしまいますと、予定通りに全然面白くない作品だった。と言うのが率直な感想ですね。

賃金が安い国に、これからは資金が向かう。と言う極々当たり前の話が中心となります。帯にもリーマンショック、トランプ当選、北朝鮮開国と書かれていますが、この辺り、自分自身としても、ある程度は当ててきました。リーマンショックについては、西海岸の住宅価格が下落を開始した特から、注目をしていましたね。

物凄く、個人的な話となりまして、この記事をうっかりと読んでくれている人の大半には関係ないのですが、ライブドアと言う会社のトップページに掲載をする記事の選定を深夜帯にやっていた時期がありまして、夜中に毎週のように、アメリカの西海岸の住宅価格の情報が流れてきていて、それを登場、ずっと見続けていて、明らかにバブルだったんですよね。で、当時は金融工学とかも少しへ勉強をしていたので、これはやってくれたね。と言う雰囲気は感じていました。言っても学生だったので、その後にリーマンショックとか、ファニーメイとか、揺れたりしたアメリカの会社名は知りませんでしたが、金融工学の証券化とかは、何となく分かっていましたので、とんでもない事になる。とは思っていましたかね。

西海岸自体の住宅価格とリーマンショック、直接的な関係はないのですが、アメリカの住宅価格のバブル崩壊がリーマンショックに繋がっていますからね。トランプ当選については、すっかりと大人になっていましたので、周りの飲食店の親父には、トランプが必ず勝つよ。とは吹聴をしておきました。北朝鮮についても、本当は孤立なんてしていない。と言う事は承知をしていますし、アメリカ辺りの国が、北朝鮮に金融立国として作りかえて、ついでに金王朝も存続をさせてやるよ。と言う流れにはなっていると思います。いわゆるネトウヨと呼ばれている、悲しくなる位の知性の人が言う、アメリカ様がやっつけてくれる。なんて事はあり得ない。と言うのは、鼻から分かっていましたね。

本書での日本への提言みたいな事が書かれています。景気は上辺だけ。と言うのですが、上辺も良くないよ。何言ってるの?ジム?と言う位ですかね。農業に低賃金の外国人労働者を受け入れるべきだ。と言う事が書かれているのですが、ジムは知らないですね。移民と言う名目ではなく、研修生と言う名目で、すでにベトナムなどから多数の外人が、あり得ないレベルの低賃金で外国人労働者が、すでに来ている事を。結局、ジムは外人ですから、日本に住んでいる訳ではなく、日本の政治としてのシステムを見ているのであって、そうした観点から、正式に移民を海外から受け入れるべきだ。として低賃金の単純労働をさせて利益を増やすべき。そして人口も増やせ。と言う事を言っているように思えるのですが、研修生を労働者として正式に認めたら、賃金高騰で日本人が日本人の農作物を食べる事すら出来なくなると思うよ。と言う感じです。

お金は上から下に国境を超えて流れていく。ただし、下に積みあがる事はない。それに上の財布は非常に大きくて、中々、下には垂れてこない。と言う現実もありますからね。ある程度の年代によって身の振り方を考えておかないといけないと思いますが、アメリカ様が向こう30年安泰か?と言われたら、どうも、そうは思えないですからね。今後の30年と言えば、朝鮮半島が統一をされたら、それはかなり投資先として面白いのは間違いないと思います。ロシアとかも本書で取り上げられていますが、それも面白いと思いますね。でも、それって、この書籍を読まなくても、分かるでしょう?と言うレベルかな?

なので、最初にも書いているように、特に面白いとは面白いませんでした。読みながら、お?と思えた場所には付箋を敷いておくのですが、本書では付箋を一枚も使う事なく終了。読み終わった後に、何が書いてあったんだっけ?と言う感じでした。あまりお勧めしないですね。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください