せやろがい!ではおさまらない – 僕が今、伝えたいこと聞いてくれへんか? –

せやろがい!ではおさまらない - 僕が今、伝えたいこと聞いてくれへんか? -

せやろがい!ではおさまらない – 僕が今、伝えたいこと聞いてくれへんか? –

SNSで時事問題を叫んでいる
赤ふんどし姿のおじさんを見たことはありませんか?

美しい沖縄の海をバックに
芸能人のタトゥーの話から沖縄の米軍基地問題まで、
ありとあらゆる社会・時事問題にツッコミをいれてくことで知られ、
テレビ、新聞でも度々取り上げられる「せやろがいおじさん」の初著書!

SNSでの投稿では、問題の核心をとらえた鋭い意見と分かりやすい例えで共感を広げていますが、
動画内ではおさまりきらなかった、もっと伝えたい思いや考えをすべて書いていただきました。

社会問題や政治の話はもちろん、せやろがいおじさんが思うネットや人との関わり方について等、
全192ページにわたって「せやろがいおじさんが今伝えたいこと」を詰め込んだ1冊です。

【contents】
1章 社会問題について
(タトゥーについて/マスコミについて/ルッキズムについて/働き方について 等)
2章 政治について
(沖縄の基地問題について/政治的なことが言いづらい風潮について/右や左について 等)
3章 ネットとの付き合い方について
(ユーチューバーについて/批判について/動画を配信する理由について 等)

頑張れ!おっさん!

正直に書きますが、少なくとも、私自身としては、この書籍で、特に勉強になる部分はありませんでしたかね。完全に思い込みをしていただけなのですが、せやろがいのおっさん。私よりも年下だったんですね。

YOUTUBEに関しても、時々うっかりと見ていた位で、YOUTUBERとしては有名な人。と言う程度の認識でした。で、唐突な印象を受ける感じで政治的な発言をされたのですが、珍しいケースですよね。始めから政治的な発言を軸にYOUTUBERをやっている人もいますが、違うポジションから、一定以上の視聴者を集めてから発言をされていたので、俄然興味がわきました。

本書の中でも書かれているのですが、猛烈なネトウヨさん方面からバッシングが当然行ったりしたのですが、面白いですよね。

政治についての話はタブー的な雰囲気があるのは私自身も理解をしているのですが、サッパリ分からないですよね。個人的には選挙権を行使しなかった方が少ないですし、当たり前のように選挙に行くので、行く行かないと言う迷いすらなく行かない人の頭の中身がどうしても理解が出来ないんですよね。

申し訳ないのですが、育ちが違う。と言うレベルでして、自分が凄い。とかの話ではなく、親の仕事の関係でアメリカに子供の頃に住んでおりまして、その時に湾岸戦争が勃発をして、戦場の兵士への手紙を書いたりしていて、政治と言うものの影響力であったりとかを、子供の頃から感じているので、何も考える事がなく育ち、二十歳を超えました。と言う人とは、根本が違うんですよね。

イレギュラーになりますが、政治家の親戚とかにお会いした時とか、色々と投票先に制限あったりするんですか?とか質問をさせて頂いたら、日本共産党に投票をしている(親戚の政治家は別の政党)と言うので、訳を聞こうじゃないか?と思って色々と話を聞いたら、これまでのイメージの共産党と違うイメージを持っていて、自分としては勉強になりましたね。

個人的には、せやろがいのおっさんの話を聞いても、面白いと思う事はあっても、あまり勉強にはならないですね。当たり前の事ぐらいにしか認識をしていないので。でも、そもそも、せやろがいのおっさんも、自分よりも年上を見ている人をイメージして動画を作っていないと思いますので、若い人に興味を持って貰うきっかけの1つで良いのかな?と思います。

良く言われる勉強をしていないのに、投票とかしても良いんですか?とか、勉強をしていないのに政治的な話をしても良いんですか?と思う人もいると思いますが、良いに決まってるじゃない。むしろ、トンチンカンな事をもし言っても是正をしてくれる人がいれば、自分の間違いに気がつくチャンスなので、ドンドン言った方が良いんじゃないですか?

それに、訳が分からない状態で投票をしても、投票をした。と言う意識が芽生えれば、追いかけるように多少はなるものになります。私自身の場合では、旅行に行っている間に、民主党が消滅をしていましてね。何だか枝野が捨てられた議員に対して、俺についてこい!と言う男気を見せていたので、人生初の政治募金をしたのですが、身銭を切った以上はより注意して見ていました。結果、ぶち殺してやりたくなったのですが、最近になって、ようやく反自由主義を掲げるようになって、少しだけ、お?と思えるようになりましたね。

投票であれば、金なんて掛からないのですが、投票先がちゃんとやっているのかどうか?普段からそうした事を意識するようになるはずなので、何も分からない状態から投票をしたって、全く問題ないです。

20台前半では維新政党新風に投票をしてしまい、激しく後悔をする。とかね、毎回毎回、ほとんどの人が正解を選んでいるのであれば、日本人の幸福度も経済も凋落の一途であるはずがないんですよ。皆、悩んで、考えて、間違えた!となっては反省をして。と言うのを繰り返すだけです。始めから諦めの姿勢を後世に伝える。これが一番最悪ですね。

政治の話をするだけで、こいつ嫌や!と言い出す人も多いとは思いますが、個人的にはそうしたに対しては、申し訳ないのですが、ちょっと人間として軽蔑をしています。自信があるなら自分の意見を言えば良いし、自信がないなら、こう思うのですが、どう思います?とかで良いんじゃないのでしょうか?政治的な話で意見が食い違う位でプライベートな付き合いを変えないといけないレベルの人間関係だったら、まー、いらないんじゃない?自分だったら、間違っていたら、間違っているぞ。と指摘をしてくれる人に対して感謝しますね。

そうした意味で言えば、チャンネル登録者数が多い、せやろがいのおっさんは羨ましいですね。色々と反応があり、自分の考え方や意見を是正してくれたりする人が多い訳ですからね。もちろん、比例をしてゴミ意見も多くなり、精神的なダメージが深くなるので、上手く付き合っていく必要があるのですが、本書の中でも、おっさんも上手く折り合いをつけるように頑張っているみたいです。

本書に話を戻しますと、一時間ぐらいで読み終わります。印税は大体一割ですから130円かな?せやろがいのおっさん!休憩時間に自販機でコーヒー買ったら、それ、俺の金やで!じっくりと味わってな!

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください