#あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組

#あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組

#あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組

内容紹介
「#あなたを幸せにしたいんだ」。
2019年7月の参議院選挙で#(ハッシュタグ)付きのメッセージが、SNS上で爆発的に拡散。これを打ち出したれいわ新選組は、大手メディアから黙殺されながらも、比例特定枠で重度障害者2名を国会に送り出し、今まさに永田町で旋風を巻き起こしている。
本書では、「総理になる」と公言して憚らない山本代表が党立ち上げの経緯、常識破りの選挙戦の舞台裏、そして注目の「次なる一手」を綴る。
さらに、重度障害者、創価学会員、元東京電力社員、女性装の東大教授、元コンビニオーナー、環境保護NGO職員、元外資系為替ディーラー、シングルマザーで元派遣労働者と、いずれも「今の日本が抱える課題の当事者」として参院選に立候補した“れいわメンバー”全員のベストスピーチとロングインタビューを収録。
彼らの戦いはこれからが本番だ。この一冊で“れいわ旋風”のすべてがわかる!

●著者プロフィール
1974年生まれ、兵庫県出身。90年に芸能界入り。俳優などで活躍した後、2013年の参議院選に出馬し、初当選。14年に「生活の党と山本太郎と仲間たち」に合流し、小沢一郎氏と共同代表に。19年4月、独自に「れいわ新選組」を旗揚げし、7月の参議院選挙に比例区より出馬。同党は政党要件を満たす票を得るものの本人は落選。

内容(「BOOK」データベースより)
れいわ新選組は、大手メディアから黙殺されながらも、比例特定枠で重度障害者2名を国会に送り出し、今まさに永田町で旋風を巻き起こしている。本書では、「総理になる」と公言して憚らない山本代表が党立ち上げの経緯、常識破りの選挙戦の舞台裏、そして注目の「次なる一手」を綴る。さらに、議員となったふたりを含む参院選の候補者全員のベストスピーチとロングインタビューを収録。この一冊で“れいわ旋風”のすべてがわかる!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
山本/太郎
1974年生まれ、兵庫県出身。90年、高校1年生のときに『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。91年、俳優デビュー。2001年に日本映画批評家大賞助演男優賞、03年にブルーリボン賞助演男優賞受賞。11年4月から、反原発活動を開始。13年7月、参議院選挙に東京選挙区から出馬し、初当選。14年、「生活の党」に合流し、「生活の党と山本太郎となかまたち」に改称、小沢一郎氏と共同代表に(16年に自由党に改称)。19年4月、独自に「れいわ新選組」を旗揚げし、7月の参院選に比例区より出馬。同党は政党要件を満たす票を得るものの本人は落選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ワクワクしてくるよね!

参議院選挙にて、実際に当選をした二人の方を含めて、候補者となった方がたの演説のシーンカットと、インタビューが掲載をされている書籍となります。順番や、それぞれの意思確認については、当然私には知る術がないのですが、最新の今、もしも衆議院選挙をしたら、議席数はどうなるか?と言う推測を見まして、れいわは6人予測でした。100人の擁立を掲げているので、当然ながら過半数で単独政権を、少なくとも現時点では狙ってもいないのですが、現時点での支持者の私としては10人は欲しいですよね。

その為、自分に出来る事。と言われると、今はまだ体調の問題もありまして、こうして記事を書いて紹介程度になりますが、もう少し良くなれば、熊谷辺りで演説をしてくれたら、見に行きたいですし、その辺りまでの範囲でしたら、実際に見てからの判断にはなりますが、何か手伝える事があれば、やってみたいですね。

まだ、議員にもなれてない、あくまでも参議院選挙での候補者だった方がたとなりまして、政治家としての経験もないのですが、良いですよね。目標や目的をすでに持っている。当たり前の話なのですが、これが自民党の新人議員とかで初当選を目指す。とかであれば、まー、はっきりと言えば読む価値がない、読売新聞辺りにでも、書いてあるんじゃない?と言う、天下国家を説いている内容になっていたと思います。

それ自体を否定する訳ではないのですが、それだったら、お前である必要はどこにあるの?と言う事を言いたいだけです。

野原さん、池田大作は死んでるの?

池田大作。知らない人は知らないで良いのですが、個人的には随分前に死んでいる。と思っています。公表をされてないのは跡目争いと相続税をバックレる為と睨んでいるのですが、真実については関係者ではありませんので、分かりません。

で、野原さんなのですが、創価学会の方になるのですが、公明党が理念に従っていなくて、自民党の犬のようになっているから、潰す。と言う事で参議院選挙を戦った候補者になります。

そして公明党になるのですが、私も知らないのですが、公明党の執行部が一番偉くて、池田大作ではないんですね。普通は関係ない人から見たら、なんやかんやで、池田大作が公明党に指図をしようと思えば出来る。と思うと思うんですよね。

それが機能をしていなくて、公明党執行部が権限を池田大作から取り上げた。と言う感じの事が書かれているのですが、仇討ちとか書かれているんですよね。仇討ちって、普通は死んだケースですよね?池田大作が健在であれば、池田大作を担いで、公明党執行部に半旗を翻す意味合いの事を言えば良い訳で、その時に仇討と言う単語は使わないと思う。

そこが、凄く自分の中で引っ掛かりましたね。死んだのを知っているであれば、ちゃんと公表をしないとダメだぞ。

競走と経済

日本には、元々競走と言う言葉がなかった。切磋琢磨と言う言葉があり、互いに高める為の言葉しかなかった。と言うのは良い話ではないですか?これが三井さん言葉になります。

で、れいわで経済と言えば、大西さんになるのですが、序盤の部分は必読ですね。

もうね、経済が変わっていくんですよ。変わっていかないといけないんです。

フランスでは黄巾の乱が怒ってるいますが、フランスって労働分配率で言えば、日本よりも遥かに良いんですよね。それなのに、日本では動きがないんですよね。これは山本太郎も言っていますが、自分が稼げないのは自分に能力がないからだと思っていませんか?と言う話に繋がるのですが、日本は稼いでも労働者にお金を流さないの。

仮に言語の壁やビザの関係とかなく、労働力として見た場合、日本で稼ぎが悪い。と言う人であっても、海外に行って同じだけの働きをしたら、もっとお金を貰えますよ。と平たく言えば、そう言う話が労働分配率になります。日本は著しく低いのが、この労働分配率なんですね。

日本では動きがない。と言う事を上述していますが、この、れいわ旋風が、もしかしたら日本での運動になるのかもしれませんね。

いずれにせよ、本書で登場をしている方が、次回の衆議院議員選挙では、数人登場をする訳です。もしかしたら全員かもしれません。そして、ほぼ確実に数人は当選をするでしょう。そうなれば今みたいに、YOUTUBEで部分的に見るのではなく、朝生にも呼ばれるかもしれないし、今はあくまでも支持者を中心にした中での話になりますが、相手議員と、どんな討論をしてくれたりするのか?今からワクワクしてきますね。

未だ、自分の近場には来てくれていないので、演説については、見る事が出来ていないので、結果として寄付もしていないので、取りあえず、お布施みたいな感覚で書籍を購入させて頂きました。

「れいわ現象」の正体

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください