三国志メシが面白い

三国志メシが面白い

三国志メシが面白い

内容紹介
2017年3月からWEBコミックトムで連載。三国志に出てくる「食」にスポットライトを当て、実際に作れるレシピと一緒に展開。

【ストーリー】
都内で中華料理屋「楼桑村」を営んでいる中と華は三国志が縁で夫婦になったというほどの「三国志」好き。たまに店の手伝いをする華の弟、武志も無類の「三国志」マニアであった。
料理の味は良いと思われたが、「楼桑村」の経営は思わしくなく、華のため息は止まらない。
そんなある日、いつものように営業していると、謎の老人が店にやってきた。体に見合わず、次々と料理を平らげる老人だったが……。
三国志に登場する料理を再現!

高いけれども、面白い料理漫画

通常、このサイズの漫画の単行本であれば、600円ちょい位なのですが、1000円とな?と思ったのですが、気になっていた漫画でしたので、購入してみました。結論、面白い。

通常、料理漫画については、好みもあると思いますが、面白くないのが自分としては多いです。結局、漫画の白黒では料理の美味しさが充分に伝わる事はないですし、そもそも料理にそこまで興味がない。と言う根本的な部分を持っている人も多いと思います。

一旦、料理についてはおいておいて、マニア界のガリバーとなるのが、三国志になりますが、三国志が好きな人であれば、料理漫画はちょっとなー。となっていても、充分に楽しめます。

三国志の中でも、演技をベースにしていると思いますが、三国志の時代に食べられていたであろう料理を再現しつつ、妖術によって過去に行き、実際に人物と軽く会話をしていく。と言う点が三国志好きにも楽しめる要素ですね。正直、料理についてはおまけ的な要素で読ませて頂いているのですが、それでも充分に面白いです。

久々に、新しい良い漫画を発見する事が出来た気持ちにさせてくれていて、清々しい気持ちになりますね。

11月限定で試し読み!

2019年11月限定になりますが、以下のページで試し読み可能となっています。まずは、どんな感じなのか?絵柄とかも含めて、チラッと見てみたい。と言う方にはうってつけのイベントになりますので、お早目に。

三国志メシ – 潮出版社

で、以下のページには著者のインタビューが掲載をされています。

漫画「三国志メシ」本庄敬さんインタビュー いにしえの料理を作る楽しさ見せたい

このサイト、すげーな。と思っていたら、朝日新聞の会社が運営をしていました。そりゃ、金があるわ。てっきり個人が運営をしているのかな?と思ってしまいました。

繰り返しになりますが、同じように、三国志は好きなんだけど、料理漫画はなー。と思っている、私と同じようなタイプの方は、読んだ方が良いです。シンプルに面白い作品です。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください