A-BOUT SURF(アバウトサーフ)

A-BOUT SURF(アバウトサーフ)
A-BOUT SURF(アバウトサーフ)

人生には波があるーー。
もう来ちまったという奴もいるーー。
まだ来てないという奴もいるーー。
お前は、どっちだ?
「週刊少年マガジン」で2009~2014年に連載されたバカ不良マンガ『A-BOUT!』が大人になって帰ってきた!
今度の舞台は、まさかの海!?
不良少年は大人になり、サーフィンに夢中!?
そして”戦闘地域”光嶺高校の仲間たちは‥‥!?
断言しよう‥‥ッ!
大人になり‥同窓会でみんなが思い出話に花を咲かせている時‥‥
お前は、海にいるッ!

お帰り!朝桐!(1巻の感想)

まずは、朝桐君、おかえりなさい!となりますね。当時は週刊少年マガジンを定期購読をしていて、新連載でね、いきなりウンチをしているシーンから始まり、これは面白い漫画の予感!となりまして、実際に単行本も二部目も含めて購入をしていました。最近は電子書籍でジャンプしか購入をしなくなってしまったので、新連載情報にはついていけていないのですが、たまたま、アバウトの続編となる、アバウトサーフの情報を嗅ぎ付ける事が出来て、単行本をチェックしておいて、ほぼ販売日に購入しました。

お馴染みの面々も、最初の巻で大体揃って出てきてくれるのですが、流石に朝桐君も29になりましたので、バイオレンスだらけとはいかないのですが、それなりに面白いですね。今回、本気で戦うのは波であり、自然になると思います。現時点で、最初のシリーズ作品となる、アバウトと同等の面白さか?と言われたら、正直に書いてしまえば落ちますね。でも、まだまだ単行本を継続して読んでいきたいと思います。次回の単行本では東郷さんが登場だ!

2巻が販売をされたら、下に続きの追加をしていきますが、その前に、これまでのシリーズ作品について紹介をしているページの紹介です。

2巻3巻の感想

東郷さんと朝桐がついに対面。と言っても、二人でバトルをする訳ではなく、車上荒らしを結果的に退治。そして吉岡さんが、現時点では不透明な部分があるものの、そんなに悪い事をしている事をしている訳でもなく登場。ただ、登場シーンは少な目。地元の地方選挙の思惑に巻き込まれていくのが2巻まで。

3巻に入ると、選挙妨害目的とした対抗議員がバイオレンスの引き金を引いてくれて、A-BOUTらしさを見る事が出来るシーン満載となっています。この後の4巻では久し振りに朝桐がガチンコバトルを見せてくれるのではないか?と言うワクワクを残して終わり。となります。続きが気になるぜ!

ガチガチのサーフィン漫画になってしまっていたら、どうしようか?コータローまかり通るのバンド編みたいな感じね。あー、なってしまったら、ちょっと読むのが辛いな。と思っていたのですが、A-BOUTらしさが出てきましたよ!なお、2巻と3巻は同時に購入をした訳ではなく、別個で購入をしていたのですが、記事追加が遅れました。

A-BOUT SURF(アバウトサーフ)を読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください