ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

解説

1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが、イタリアのローマで誘拐され、母親ゲイルのもとに、1700万ドルという巨額の身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ゲイルは息子を救うため、世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになる。ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなる元CIAの交渉人フレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近にスペイシーがスキャンダルによって降板。クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影が行われ、完成された。

見た感想

石油で荒稼ぎと言えば、ロックフェラーしか思い浮かばないのですが、実在に存在をしたゲティ家がモデルとなっています。どこまでが本当にあった話で、どこからがエンターテインメントとして作られた話なのか?と言う点が個人的には分からなかったのですが、自分としては満足出来る作品で楽しかったですね。

総裁が随分と金に汚い役所となっているのですが、見ていた印象としては、別にそこまで悪くはないかな?と言う感じです。息子がどうしようもない薬物中毒で、そんな夫に愛想をつかして、息子を連れて離婚をした。と言う経緯がある為、別段億万長者ではない母親が義理の父親に金銭的な援助を申し出る形になります。

血の繋がった孫の為に、きちんと元工作員を派遣したりと、一応の体裁位は保っています。身代金を払わない理由として、他の孫が狙われるから。と言う理由についても、母親としてはたまったものではないかもしれませんが、理屈の上では納得出来ますしね。薬物中毒となった親父にも副社長に抜擢をしたりと、身の丈に合わない仕事だったとは思いますが、薬物さえ手を出さなければ、何も問題なく過ごせたのに、バカなやつだなー。と言う感じでしょうかね。

最終的には、中々汚い部分を見せてくれているのですが、その辺りは本作の中で楽しんで貰えればと思います。日本での観客動員数はかなり微妙なラインだと思いますが、個人的には見て良かったと思える作品でした。

映画『ゲティ家の身代金』公式サイト
ゲティ家の身代金(U-next)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください