信長もビックリ!? 科学でツッコむ日本の歴史はイマイチ

信長もビックリ!? 科学でツッコむ日本の歴史

信長もビックリ!? 科学でツッコむ日本の歴史

内容紹介
【内容紹介】
「本能寺の変」6月2日に起こったのは月の満ち欠けと関係していた! 「中国大返し」そのスピードはゆっくり歩くくらいの速さ!
「3本の矢」60kgのものを持ちあげる力があれば折れちゃう! 「平将門の乱」勝敗は風向きが決めた!
などなど、みんなが知ってる日本の歴史を、科学の視点でズバッと斬った35のお話。意外な“ビックリ”がギュギュッと詰まったこれまでにない歴史本!

【著者プロフィール】
平林 純(ひらばやし・じゅん)
サイエンスライター。京都大学大学院理学研究科修了。著書に『論理的にプレゼンする技術[改訂版] 聴き手の記憶に残る話し方の極意』(SBクリエイティブ)、
『思わず人に話したくなる! 「確率」でわかる驚きのニッポン』(監修/廣済堂出版)、『史上最強科学のムダ知識』(技術評論社)など多数。
「世界一受けたい授業」「タモリ倶楽部」など、数々のテレビ番組へ出演。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平林/純
サイエンスライター。京都大学大学院理学研究科修了。著書多数。「世界一受けたい授業」「タモリ倶楽部」など、数々のテレビ番組へ出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ちょっとガッカリな内容でした

最近、こんな感じの表紙の作品が増えていますね。売れやすい傾向があるんでしょうね。確かに漫画が表紙の方が手に取りやすい傾向は自分の中でもありますが、こちらは図書館で借りたので、ノーダメージでした。時間で言えば2時間位で読むのが終わりました。

へー!と思えた箇所は二点。シーボルトの孫娘の話と平賀源内の話です。内容を書いてしまうと、あれかな?と思うので、あえて触れないでおきますが、平賀源内については、エレキテルとウナギ以外の話です。それについては個人的には知らなかったですね。豆知識の感じになりますが、知れて良かったと思います。

Amazonのレビューで、3人の方が揃って星1つとなっているのですが、私は優しいので、星で言えば2位は付けます。2.5でも良いかな?と思いますが、3は付ける事が出来ないかもしれません。

歴史に全く興味がない人の入門になって頂き、新しい歴史好きな人が増えてくれる人を増やしてくれるのであれば、こうした書籍も大歓迎ですね。出版不況で、改善の目処も特にないでしょうから、色々と出版会社が手を打っている最中だと思いますが、頑張って貰いたいですね。


信長もビックリ!? 科学でツッコむ日本の歴史 ~だから教科書にのらなかった~: ~だから教科書にのらなかった~(Amazon)

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください