「社会主義化」するアメリカ 若者たちはどんな未来を描いているのか

「社会主義化」するアメリカ 若者たちはどんな未来を描いているのか
「社会主義化」するアメリカ 若者たちはどんな未来を描いているのか

【内容紹介】
■米国の資本主義や経済社会システムのひずみやゆがみを是正しようと近年、「社会主義」に傾倒する若者が急増している。背景には、2001年の米同時テロ、08年のリーマン危機を経験し、米経済社会の閉塞感を強く感じるようになった事情がある。
全国民に医療保険を提供する「国民皆保険」(メディケア・フォー・オール)、最低賃金の引き上げ、大学の一部無償化、再生可能エネルギーを普及させるため巨額の投資を通じて大量の雇用を生み出す「グリーン・ニューディール」――。こうした政策を支持する若者らは2016年に民主党の大統領候補指名争いで一世を風靡したバーニー・サンダース上院議員を後押しするとともに、20年の米大統領選挙でジョー・バイデン氏を当選させた隠れた立役者となった。
■米国のミレニアル世代やZ世代にはどんな特徴があるのか。なぜ多くの若者が社会主義にひかれるのか。それが米国政治や社会にどんなインパクトを与えようとしているのか。そして日本や国際社会はどのような点に注視すべきなのか、本書では探っていく。
米国の若者の社会主義者は「民主社会主義者」を自任している。彼ら彼女らのいう社会主義とは民主主義を前提としたもので、一党独裁による中国や北朝鮮、キューバの社会主義とは一線を画す。米国では長い間、「社会主義」は「ダーティー・ワード」といわれてきた。「禁句」「口にしてはいけない言葉」といった意味だろう。「自由の国、米国で社会主義?」と聞いて驚く人も多いかもしれない。しかし、米国の若者らの主張は「大きな政府」による積極的な財政出動や所得再分配、社会保障制度の充実などが主眼であり、その理想は欧州流の福祉国家とほとんど変わらない。米国は主要7カ国(G7)の中で国民皆保険制度を持たない唯一の国といっていい。その国で社会主義を支持する若者が増えているのは米国の経済社会の大きな地殻変動をも予感させる。
■ドナルド・トランプ前大統領の下では、白人の保守層を中心とするトランプ支持者と、これに反発する都市部のリベラル層との間で「分断」「二極化」が進んだ。米国のミレニアル世代やZ世代の社会主義者の多くは、リベラル層の中でもっとも急進的な立場として二極化する米政治の最左派に位置する。ニューヨーク州選出の下院議員、アレクサンドリア・オカシオコルテス(通称AOC)はその代表格である。大学卒業後、実家の苦しい家計を助けるため、ニューヨーク市内でバーテンダーとして働いていた。転機は2018年の中間選挙に先立つ民主党予備選挙。当時、下院民主党の重鎮で知名度、資金力で群を抜いていたジョー・クローリー氏を破り、草の根の選挙運動による「数十年に一度の番狂わせ」と全米中で話題を集めた。
■今や急進左派の顔のような存在となったオカシオコルテス氏やサンダース氏は、中道派のバイデン大統領の下でも一定の影響力を持ち始めた。彼女らの躍進を支えた個人や団体を紹介しながら、米国の社会主義者の実像の一端にも本書では触れる。
米国のミレニアル世代やZ世代は今後数十年にわたり米国の中核層となる。本書では、そのかなりの割合の個人が社会主義に親近感を抱いている現状に光を当てる。米国の経済社会や政治の今と未来を考える手がかりとし、日本における米国理解の一助としてもらいたい。
【目次】
第1章 米国の若者の社会主義ブーム
第2章 米国の若者の政治パワー
第3章 米国のミレニアル世代とZ世代とは
第4章 米国の若者の憂鬱・覚醒
第5章 AOC登場
第6章 若者の「緑の革命」
第7章 バイデン政権と社会主義
第8章 米国の若者と社会主義はどこへ

先進国の流れ

もう、大分前からですが、欧米では急進左派と言われ方をしている勢力が勢いを付けていますよね。そして欧米ともにそれを支えている世代が若い。だからこれからも、その傾向は続くだろう。と予測をされている事になるのですが、ここで日本の事を考えてみると、鈍いですよね。ここにきて、ようやく新しい資本主義!と岸田総理が言い始めているのですが、安倍・菅政権の経済政策が間違っていた。と総括を出来ないのであれば、言葉だけで終わるでしょうね。

本書のタイトルに社会主義化と書かれています。加えて、sdgsと言う話になると、脱成長であったり、社会主義と言う旧ソ連を彷彿するようなイメージが付きまとうのですが、全く個人的には、そうしたイメージは適合しないのかな?と思います。どうしても、そうしたイメージが纏わり付いて脱却をする事が出来ない人も多いと思いますが、例えば温暖化によって自分の土地に、これまで通りに生活が出来なくなる。それは嫌だ!だから変えていこう!これを社会主義と言うのか?どちらかと言えば、本来的には保守ですよね。

長期的な視点に立てば、行き過ぎた格差を縮小させる事の方が経済成長もしやすい土台が出来るでしょうから、やはりこれも脱成長とは違いますよね。学校の無償化についても、社会主義と言うよりも、高福祉国家となり、渋沢栄一も福祉への投資こそ、成長への投資に最も役立つ。と言う趣旨の発言をしていましたが、渋沢栄一は資本主義者ではなく、社会主義者だったのか?と言われるとやはり違いますよね。それに、子供への投資を行う事で、20年位の時間差はありますが、投資された教育を受けた子供が大人になってより稼ぎ、より納税をするようになる。と言うデータもある訳ですから、社会主義と言うよりも、資本主義に取って、本来は必要となる投資なんですよね。

多くの日本人の頭の中に、強引に詰め込まれた、社会人=微妙と言うか、やや良くない物。と言うイメージをスパンと切り替えないと、先進国からの脱落が余計に早まりそうですね。

ミレニアル世代のギリギリ私自身もなるみたいですが、それよりも下の年齢となるZ世代と呼ばれている世代がアメリカで中心となりつつある。そして、そうした世代がどんな感覚を身に付けていて、どんなテーマへの関心を持っているのか?本書ではそうした事が書かれています。

時折ニュースで見かける急進左派と呼ばれている議員のバックグラウンドや、どう言った形で選挙を戦ってきて、どう言った事を目指している支持者から応援をされているのか?これまで良く分からなかった部分が本書を通じて、かなりクリアになりましたね。世代の事で考えると、もうこれは後戻りを当面は出来ないであろう、大きな流れとなっています。

翻ってみて、日本では?人口構成比に違いがあるのですが、世代として見ると、ミレニアル世代やZ世代と呼ばれている層が、どこまでアメリカの同じ世代と同じ位の感覚を持っているのか?ちょっと分からない部分も多いのですが、支持政党が自民党が多い。と言う事で、大分アメリカの同じ世代の人達とは感覚としては違うのかな?と思います。この辺りはDappi効果や黒瀬深と言ったデマとプロパガンダ効果効果も大きいのかもしれませんね。

元々は、リベラルと呼ばれているエリートがモラルハザードを起こした。そこに口を開けば嘘をつくような勢力が巻き返す余地を作ってしまった。これも世界的な流れでしたね。そうしてトランプ大統領が誕生をした。やはり口を開けば嘘ばかりだったし、そもそも差別主義者だし。と言う事で、揺れ戻しが起きていますが、今度はエリートとまでは言えないリベラルが誕生をしている。これが欧米の主な流れになるのかな?と個人的には思います。本来的な労働者が再び労働者の代表として議員になってきている。と言う感覚ですね。この辺り、イギリスはちょっと遅れているかな?と思いますが、そこに向けて動き出しているのかな?とも思います。日本でも、極少数ではありますが、そうした議員も野党から誕生をしましたね。

合わせ鏡とまでは言えないのですが、こちらの書籍を読む前に読んだ、内田樹先生の『戦後民主主義に僕から一票』と合わせて読む事で、日本とアメリカを少し対比をさせながら、自分の頭であれこれと考えるきっかけに出来ると思います。

個人的には、ヒラリーの時から、悪い事言わないから、サンダースにしておけ。と思っていたのですが、当時の民主党は、まだ分かっていなかったのでしょうね。その後もサンダースは負けましたが、バイデンに政策をある程度、引き受けさせる事に成功をしたので、一歩前進ですね。

【急進勢力】「Z世代」は、トランプでも、バイデンでもない

【急進勢力】「Z世代」は、トランプでも、バイデンでもない

本書でも登場をしているアレクサンドリア・オカシオコルテス(通称AOC)も登場をしています。余程の事がない限り、今後もアメリカの政治のニュースなどでも中心的な存在によりなっていくと思いますが、あまり日本では知名度がないと思います。日本はアメリカの植民地になりますので、総督府の政治家については、良く覚えておいた方が良いでしょうね。

「社会主義化」するアメリカ 若者たちはどんな未来を描いているのかを読んでみよう♪

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください