私が見た未来 完全版を読んでみたぞ!

私が見た未来 完全版
私が見た未来 完全版

発売たちまち30万部突破!!テレビでも続々紹介、大反響フジテレビ『めざましテレビ』(10/27放送)TBS『THE TIME』(10/21放送)TBS『週刊さんまとマツコ』(7/4放送)
幻の「予言漫画」復刻!!
22年の沈黙を破り、作者が新たな警告「本当の大災難は2025年7月にやってくる」
1999年に刊行され、東日本大震災を予言していた漫画として話題沸騰。
絶版のため中古市場では10万円以上の値がつく本作にたつき諒氏の新たな予知夢を加え解説した完全版。
元ネタにもなっている自身の夢を書き溜めた「夢日記」の内容をついに本書で初公開。
漫画に描かれたもの描かれなかったもの―――「夢日記」を元に予知夢の詳細を解説。
なぜ表紙に「大災害は2011年3月」と描いたのか?
「富士山大噴火」の夢が意味していたことは…
そして、新たな「未来の夢」のメッセージとは―――

★収録漫画★
◎私が見た未来
◎夢のメッセージ
◎縁の先
◎ちいさなカラの中
◎浮遊霊
◎地下街
◎冥界の壁
◎もうひとりの自分
◎闇の中へ …
◎そんな馬鹿な
◎雨月物語

★「夢日記」解説 ★
なぜ夢日記を書き始めたのか
表紙に描いた予知夢の真相
漫画家を辞めた理由
インド旅行が大きな転換点になった
漫画の中に描いた大津波は2011年3月のことではない
2025年7月に起こること
大津波の後に訪れる新たな世界 …etc

予言書と言われた話題作の完全版

東北大震災を予言していた!?と言う事で話題となった書籍の『私が見た未来』の完全版になります。元々の『私が見た未来』については読んでいませんので、具体的にどこがどう完全版になったのか?あっちにあってこちらにはないのが具体的にどれなのか?ちょっと分からない部分もあるのですが、恐らくは現在の作者である、竜樹諒さんの解説が含まれている部分が完全版として収録をされているのだと思います。

とりあえず、分かり辛い部分がありますので、拡大をした画像を下に配置しておきます。

竜樹諒
私が見た未来の拡大

と言う事で、赤線でも囲ってみましたので、これで分かるかと思います。なぜ、作者が表紙にこれを書き込んだのか?それが完全版として解説をされていますね。勿論、元々の作品となっている、収録をされていた短編作品についても、そのまま掲載をされています。

動画で見てみようぜ!

【公式】ヤバすぎた‼️たつき諒著『 #私が見た未来 』完全版📕幻の“予言漫画”が緊急復刻‼️ TBS『週刊さんまとマツコ』📺でエグい的中率が話題に👀見逃し

こちら、飛鳥新社の公式のアカウントになりますが、あまり内容については触れられていませんね。

ズバリですが、2025年7月に何かが起こる!と本書の作者である、たつき諒さんが書いているのですが、仮に起こったとしても、まー、そこまで悲観的になる必要はないよ。と言う話です。破壊の後に再生あり。と言う事ですね。ある程度、具体的にこんな事が起こるであろう。と言う事も書かれていますし、時期的にも夏季休暇も近いので、本当に心配な方であれば、夏季休暇の前倒しをして、北海道にでも行って過ごしていれば、良いんじゃないですかね?

2025年7月って案外と近いよね!

信じるか信じないかは、あなた次第です!の話になりますが、たつき諒さんの言う通りに大きな災害が、言われている場所で起こったとしても、私が住んでいる所自体には大きな影響はなさそうですね。勿論、混乱に伴う被害と言うのは出るとは思いますが、即死。と言う事はなさそうですね。と言う事で、そんなに気にしないで過ごして、その日を迎えたいと思います。

この件について、信じるか信じないかは別にして、普段から災害に備える準備。それに伴う避難場所の確認などのイメージトレーニングについては、各自しておいて損はない事だと思います。

私が見た未来 完全版を読んでみよう♪

合わせて読みたい月刊ムー

月刊ムーの2021年11月号にて、本人のインタビューが掲載をされています。月刊ムーでは、本人とは違う人が、本人です。と偽ってインタビューをしてしまった経緯があったみたいで、それを知って本人がインタビューに応じてくれたみたいですね。本書である完全版と重複をしている部分も多くなっているのですが、読んで頂いて、補完的に、さらに知りたい!と言う人がいましたら、月刊ムーでもインタビューが掲載をされていますよ。と言う事を知っておいて頂ければと思います。

ちなみにですが、サブスクリプションになりまして、期間が過ぎたら最新号になってしまうので、月刊ムーについては読めなくなってしまうので、本当に期間限定ですが、U-NEXTでは、『私が見た未来 完全版』と『 月刊ムー2021年11月号 』が両方揃っています。 『私が見た未来 完全版』 では、1200円のお支払いが必要となりますが、月刊ムーは無料で読む事が出来ます。

※繰り返しになりますが、月刊ムーの2021年11月分が読めるのは、次号が配信をされるまでの期間限定になります。

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)<商品リンク作成用広告>※商品リンク有り”></a>



<p><a href=

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください