日本のいちばん長い日

内容紹介

戦後70年を迎えた今だからこそ、伝えたい
1945年8月15日の知られざる衝撃の真実がいま明らかになる! !

“■日本映画史に誇るべき衝撃と感動の歴史サスペンス超大作が誕生!
累計動員100万人を突破した大ヒット作品がついにリリース。
史上最大の危機を迎えた日本で、一体何があったのか?2014年9月に宮内庁から発表された「昭和天皇実録」を踏まえ、これまで誰も描くことのなかった今だからこそ描ける歴史の裏側に迫る。
■昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを原田眞人監督が完全映画化。
原作は大ベストセラーとして読み継がれる「日本のいちばん長い日 決定版」(文春文庫刊)、さらには昭和天皇とともに戦争終結に導いた鈴木貫太郎の姿を描く「聖断」を参考文献としている。また、監督・脚本は社会派ドラマ「クライマーズ・ハイ」や、家族の姿を描いた「わが母の記」でモントリオール世界映画祭審査員特別グランプリに輝いた原田眞人が丁寧に描く。
■日本を代表する最高峰のオールスターキャストが豪華総出演
役所広司、本木雅弘、山﨑努、堤真一ら実力を兼ね備えた豪華映画俳優陣に加え、松坂桃李といった若手人気俳優の共演も魅力。
キャスト数だけでも総勢130名を超え、映画、テレビ、舞台、狂言界と様々なジャンルから実力派キャストが本映画に集結し脇を固めている。

【ストーリー】
太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。 降伏か、本土決戦か―――。
連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。 そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。 “一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾(あなみ これちか)陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、
聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相(山﨑努)、 首相を献身的に支え続ける迫水久常書記官(堤真一)。
一方、終戦に反対する畑中健二少佐(松坂桃李)ら青年将校たちはクーデターを計画、日本の降伏と国民に伝える玉音放送を中止すべく、皇居やラジオ局への占領へと動き始める・・・。

【キャスト】
役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山﨑努 神野三鈴 蓮佛美沙子 大場泰正
小松和重 中村育二 山路和弘 金内喜久夫 鴨川てんし 久保酎吉 奥田達士 嵐芳三郎
井之上隆志 矢島健一 木場勝己 中嶋しゅう 麿赤兒 戸塚祥太(A.B.C-Z)
田中美央 関口晴雄 田島俊弥 茂山茂 植本潤 宮本裕子 戸田恵梨香(特別出演)
キムラ緑子 野間口徹 池坊由紀 松山ケンイチ(特別出演)

【スタッフ】
監督・脚本 原田眞人
原作 半藤一利「日本のいちばん長い日 決定版」(文春文庫刊)
音楽 富貴晴美

【映像特典】
本編ディスク特典映像:特報、予告編(通常版共通)

※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が、半藤一利の同名小説を映画化。1945年7月、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か…。玉音放送をめぐる政府首脳の動きと終戦反対派の青年将校たちのクーデター計画が明かされる。

内容(「Oricon」データベースより)
昭和史の大家・半藤一利の傑作ノンフィクションを原田眞人監督が完全映画化!太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化し、“一億玉砕論”が渦巻く中…。

すでに何回か見ていた

よく考えてみたら、すでに何回か見ていました。忘れている訳ではないのですが、なんでしょうね。何度見ても、終わった後、しばらく放心状態になります。さらに良く考えてみたら、監督の原田眞人さんに、関ヶ原でお会いして、一緒に記念写真を撮らせて頂いています。その時は監督の名前とか、正直宇徳、取り合えず、関ヶ原の監督。と言うイメージだったのですが、なんだよ。こっちの監督でもあったんだ。と言う気持ちに今なりました。

シンプルに考えれば、戦争なんて始まったとしても、そりゃすぐに終わった方が良いでしょう。それについては異論はないですし、戦争にならない事に越したことはないのは当然なんですよね。でも、もしも始まってしまったら?全てを捧げてきたら?自分だったら、どうなるのでしょうかね?

親兄弟、親戚、仲間、誰も死んでいない状態であれば、早く終われ!と思うでしょうし、買ちまくりの状態であれば、どうでも良くなるかもしれません。でも、仲間が大勢死んでいる状態で、自分もすでに覚悟をしている状態だったらどうでしょうか?これまで信じてきたもの、つぎ込んできたものが全て終わる。そんな気持ちになるかもしれません。この辺りによって、どちら側に転ぶか、分からない状態になりますね。

松坂桃李君の狂気をはらんだ演技が自分としては好きでした。役所広司さんとか、この辺りはね。ベテランですし、山本五十六提督でも、自分の中ではお馴染み。と言う感覚でしたが、本当の当時の現役の軍人さんって、どんな感じだったのでしょうかね?陸軍と海軍で大分気質が違うと思いますが、もう自分が生で接する事は出来無さそうです。

見た方が良い映画だと思います。終戦と言う決断をしても、すぐにはそこに到達出来ない。混乱を少しでも抑える為に、あれこれと手をうちながら、やはり引くに引けない状況の人たちも確かにいたんだね。全員ではなかったでしょうが、最終的には自分でケジメをつける。良い悪いとか、そうした話だけでは片付けられない、当時の混乱が伝わってきます。

映画見るのに良いサイト

月額1990円で、大量の映画を楽しむ事が出来るサービスがU-nextになります。昔であれば、Wowowみたいな感じですかね?Wowowは今でもありますが、U-nextはマルチデバイス対応となっていて、IDも4つまで発行可能となっていますので、家族で楽しむ事も可能です。31日の無料体験も可能となっていますので、お気軽にどうぞ。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください