Bookliveは便利だね

Bookliveの画面

Bookliveの画面

Bookliveに入会をしてみました。書籍関連については、手にもって楽しみたい。と言う考え方が根本的にあるのですが、ちょっとレアな漫画を読んでみたいな。と思いまして、アマゾンで単行本で購入を考えたのですが、昔の漫画となっているので、ちょっと値段が高くなっていて、どうしたものか?となったのですが、かと言って、アマゾンに対応をしているkindleの端末についても所持をしていないし。と考えた結果、マルチデバイス対応の電子書籍となるBookLiveに登録をして購入。

前にも入会をした記憶があるのですが、別のサイトだったのか?取りあえずメインアドレスでログインしても出来なかったので、入りなおしました。で、実際に使ってみて、メリットデメリットをいくつか書いておきたいと思います。

BookLiveのメリット

マルチデバイス対応となりますので、パソコン、スマホ、あるいはタブレットでも同一のメールアドレス、パスワードでログイン可能。
自宅で購入した書籍を読む場合には、パソコンで電車の中ではスマホで。と言う使い分けが可能です。これって結構自分としては大きいですね。
当たり前ですけど、場所を取らない!これも地味に大きいです。読み終わった書籍は、売却に備えて段ボールに入れているのですが、どうしても散らかります。

この辺りがパッと思いついたメリットですね。

BookLiveのデメリット

当たり前ですけど、売れないです。例えば500円で購入をした書籍を100円で買い取って貰えたら、実質400円で読めました。と言う事になりますので、実は電子書籍よりも、単行本で購入をした方が経済的だったりします。
そうした手法が使えなくなりますので、経済的には、読み終わった後は売る事を前提している、私のようなケースでは財布に若干のダメージを与えてくれますかね。

会社が倒産したり、サイトが閉鎖をしたら、どうなるの?

一番のデメリットとして考える事が出来るのは、ここですかね?会社としてやっているので、会社として倒産。と言う事になったとしても、どこかしらに買収をされるであろう可能性が極めて高いと思いますので、サイト閉鎖で、これまで購入をした書籍が全て読めなくなる。と言う事は考えるにくい部分はありますが、それでも断言は出来ませんので、自分の手元に単行本なり書籍として保管をしておくよりも消滅するリスクはあります。

BookLiveの場合には、雑誌とかも扱っていますので、捨てる事を前提としている雑誌などの購入にはぴったりだと思います。私自身も週間少年ジャンプを定期購読をしているのですが、残念ながら、週間少年ジャンプ自体は、BookLiveでは販売をされていませんでした。いつか取り扱って欲しいですね。週間少年マガジンは出ているのですが、大分前に読むのを辞めてしまいました。最近は何だかフワフワしていて、読んでいないジャンプが数か月分たまってしまっていて、部屋を占拠してしまっています。

漫画とかについても、新しい面白いのが出て、人気が出ると、結構な場所を取りますからね。少しずつ電子書籍に移行をしていかないといけないのかな。とか考えています。

安く購入できるのもあります

無料で読める作品もあるのですが、あまり充実はしていないですね。割引販売をされている作品は多少は充実をしています。本来は書籍は割引をされないはずなので、お得ではありますね。その外、まとめ買いをするとポイントが貰えて、次回分で使えたりしますが、初回入会時には、作品が半額で読めるクーポンが付与されます!

この点は大きいです。電子書籍自体に慣れていない人も多いと思いますので、まずはどんなものか?と言うのを試せる形ですね。それ以前に入会をしなくても試し読みが出来るようになっていますので、実際に読む場合には、どう言う仕組み二なっているのか?そうした点も確認をする事が出来ます。

かたくなに、電子書籍を拒否している人も多いと思いますが、試し読みから始めて見るのが良いと思います。入会をするには、メールアドレスとパスワードの設定。後は年齢とかを入れるだけで、簡単に登録自体は終わります。

購入をする時には、クレジットカードを登録するのが一般的ですが、BookLiveなんて信用出来ない!と言う人の場合には、電子マネーが一部利用可能です。

サイト内で紹介をしている作品で、BookLiveで読める作品一覧

織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!

古事記の邪馬台国

蒼天航路

センゴク外伝 桶狭間戦記

センゴク天正記

センゴク一統記

新宿セブンを読んだよ

暴かれた伊達政宗「幕府転覆計画」 ヴァティカン機密文書館史料による結論

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

松山城もちょっとだけ出てくるぞ!

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

古事記の暗号

埼玉 地名の由来を歩く

スノーデン 日本への警告

白き伝説の最後(たいようのマキバオーW)

戦争にチャンスを与えよ

漫画 君たちはどう生きるか

自律神経が整えば休まなくても絶好調

笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代

フリーメイソン 秘密結社の社会学

欲望の資本主義

ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論

境界のRINNEが終了

埼玉にもなにかあるはず

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」

失われた日本史 迷宮入りした53の謎

戦国武将を診る 源平から幕末まで、歴史を彩った主役たちの病

と言う事でやってみて気が付いたのですが、大体の作品はBookLiveにありました。と言う事で、こちらのページ内で、紹介をした書籍が今後ありましても、追加をしていく事は致しません。

↓無料で読める作品多数配信中↓
今週の無料の本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください